« 25回北海道大会(その2) | トップページ | 25回北海道大会(その4) »

2009年3月13日 (金)

25回北海道大会(その3)

 今朝、「スーパーモーニング」を見ていたら、カーネル・サンダース発見についてやっていました。阪神優勝のとき、くいだおれ人形も道頓堀に落とされるところだったが、早めに隠して難を逃れたというので、スタジオでカーネル・サンダースとくいだおれ太郎が共演していました。しかし途中から、「カーネル・サンダースといえば、関西のお化け番組、探偵!ナイトスクープ…」と、完全に日曜の番組の番宣に変わっていました。そんなにお化け番組と強調するなら、なぜネットを打ち切るんだ。なお、くいだおれ太郎が来ていたのも、もともと「特命係長 只野仁」の番宣のためだったことがわかりました。

 それでは25回北海道です。

----(ここから当時の引用)----

 ANAが空港などに置いてあるサービス誌「SORANA」の今月号に、モエレ沼公園のことが出ています。この場所はもともと、ゴミ埋立地だったそうです。イサム・ノグチが88年に構想して、先月の巨大噴水の完成で、ようやく公園のすべての整備が完了したということです。「大地に刻まれたイサム・ノグチ芸術の集大成を自分の目で確かめてみたい」とありますが、私はもう何度も確かめています。

 それでは北海道大会です。今年の優勝賞品は、世界のどこでも選べる旅行と、優勝チームの家族に韓国旅行というものです。それを紹介する大画面に、ベッカムが現れました。高校生クイズの単独取材です。さらにペ・ヨンジュンまで。どちらも、僕の国に来てくれというようなことを言っています。これは、動画の流せない他の予選では見られません。関東で使われたのかどうかは、入れなかったのでわかりません。
 やっと正解発表です。巨大バルーンが2つあることは書きました。○と×から代表者1チームずつを選んでその下に立ちます。正解の側のバルーンが割れて、そのチームは水をかぶります。×の方に来たのは、女子バレーボール部で戦隊ヒーローのコスプレをしているチームです。「ジョバレンジャー」と名乗っています。そして「×は正義だ」。
 正解発表が終わると大画面に福永アナの顔が現れます。鈴木アナ「あまり寄ると生え際が映りますよ」。敗者復活を要求するにあたって「ラルフ、日本テレビの入社の筆記試験ボロボロだったそうじゃないですか」。「敗者復活をやらないんなら『スポーツうるぐす』なんか見ないぞ。江川卓に言いつけるぞ。おれたちは純粋だ。PURE! PURE!」などいろいろあって、鈴木アナが「それなら、敗者復活のためならどんなことでもすると約束してください」。

----(ここまで)----

 当時、日本テレビのアナウンサーの採用試験に筆記があったのかは疑問です。何十年も前だと、まず全員に筆記試験をやってから適正検査をやっていたのではないかと思いますが。福留が筆記試験で不正をして合格したことをネタにしていて「オジサンズ11」などでしゃべっていることについてはここに書きました。

|

« 25回北海道大会(その2) | トップページ | 25回北海道大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/44329028

この記事へのトラックバック一覧です: 25回北海道大会(その3):

« 25回北海道大会(その2) | トップページ | 25回北海道大会(その4) »