« 13回九州大会(その5) | トップページ | 第2回タビキング(その1) »

2009年3月29日 (日)

13回九州大会(その6)

 今夜のテレビ東京の土曜スペシャルは、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の第4弾でした。山陽道を京都から宮島まで行くというものでしたが、演出は今回も高校生クイズの人でした。この人の名前を高校生クイズ以外のスタッフロールで見るのは他にありません。次回は高校生クイズが終わる10月まで放送できないということですね。

 それでは13回九州です。考えてみたら、決勝の会場が小倉城であることすら書いていません。

----(ここから当時の引用)----

私が間違いを指摘するわけにはいかない。
まあ、あとで収録したVTRを見て青くなってもらうしかないなと
思っていたら、何人かのスタッフが1つの場所に集まり始めた。
なぜか、この期に及んで、スタッフが自分で気がついたらしい
(じゃあなぜその場で気がつかない?)。
ということで、大分県の通過クイズの部分から撮り直し。
その時点でまだ勝者が決まっていなかった県の人たちは、
もう一度解答者席に並ばされる。しかしもちろん解答権はない
(負けたのにまた映れて得をしたという見方もできる)。
大分舞鶴は、全体早押しの担当者はやたら答えるのに(女子チームで
あんなによく答えるのは見たことがない)通過クイズの担当者が全然
答えられない。このため、いつまでたっても決着がつかない。
結局、最後に全体早押しをとった中津西が勝った。

このトラブルで時間が延びたためか、他のすべての地区でやっていた
勝者インタビューをやらないで収録を終わらせてしまった。

全国大会はこの4日後である。九州大会の日は天気がよかったが、
この直後に例の台風がやってきた。
交通が遮断された鹿児島県の代表は、果たして東京へ行くことが
できたのであろうか。私は知らない(ということにする)。

----(ここまで)----

 九州大会の直後に、鹿児島は台風で甚大な被害を受けたのでした。もし予選がもう少し遅かったら、鹿児島の代表を決められずに27回の大分のようになっていたはずです。しかも当時はネット予選など不可能で、これがこの回の最後の予選なので、全国大会までに間に合わなかったと思います。
 この回の鹿児島の代表は、優勝したラ・サールです。

|

« 13回九州大会(その5) | トップページ | 第2回タビキング(その1) »

コメント

>中津西が勝った。
第13回の大分代表は中津南(第28回全国大会一回戦単独最下位の『逆優勝校』)ではないでしょうか?
当時の引用と言っても補足を入れて欲しかったです。

大昔、中津北と中津南に別れる前は中津西だったからある意味間違っては無いけど。

投稿: 中津人 | 2014年7月 3日 (木) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/44496115

この記事へのトラックバック一覧です: 13回九州大会(その6):

« 13回九州大会(その5) | トップページ | 第2回タビキング(その1) »