« 第3回エコ甲全国大会(その7) | トップページ | 第3回エコ甲全国大会(その8) »

2009年2月 2日 (月)

高校生クイズ検定

 いろいろネットを見ていたら、本日、クイズのオープン大会が近所で行われることを知って、見に行こうと思ったのですが、会場の名前を完全に間違えていて、全然違うところに行ってしまって見られませんでした。
 しかし、その間違った場所へ行く途中の乗り換え駅のところで書店に入ったら、「なぜ小堺一機は徹子の部屋に招かれないのか?」という本がありました。

 もう2カ月ぐらい前に出ているようですが、全然知りませんでした。いろいろなテレビ番組についてのクイズが載っていて、解説があります。例えば「『朝まで生テレビ!』第1回のテーマは?」とか。そういえば、本日昼のテレビ朝日の特番で、朝まで生テレビで天皇制の議論にもっていくためにいかに苦労したかというのをやっていましたね。この本に、「全国高等学校クイズ選手権」という項目があるのです。その解説をここにそのまま引用しますよ。

----(ここから)----

日本一を決める2時間30分の全国放送で見られる予選の風景はいつもほんの一瞬で不満を持っていたが、WEBの第2日本テレビによって各地方でしかオンエアしていなかった全国13地区の予選が全て見られるようになったのである。その画ヂカラがとにかく強い。それぞれオープンな場所に建てられた巨大セットで行われる、御当地ネタを織り込んだ「知力」「体力」「チームワーク」が駆使されたダイナミックなクイズ。地元で伝わる河童の着ぐるみを着たチーム代表者1人の頭の皿をほかの2人が水でいっぱいに貯めたら解答権が得られる…など、とにかく演出がバカバカしくて楽しい。そこからは予選で敗退する大多数の高校生にも良い思い出を作ってもらおうという制作者の愛情が伝わり、代表というプレッシャーを背負った全国大会出場生徒の緊迫した表情とは違う朗らかな笑顔がよく見られる。

----(ここまで)----

 この本の文章は「TVブロス」に連載されたものらしくて、書いているのはプロの放送作家集団です。高校生クイズの制作者はこの文章をちゃんと読め!

|

« 第3回エコ甲全国大会(その7) | トップページ | 第3回エコ甲全国大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/43930410

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生クイズ検定:

« 第3回エコ甲全国大会(その7) | トップページ | 第3回エコ甲全国大会(その8) »