« 18回北陸大会(その1) | トップページ | 18回北陸大会(その3) »

2009年2月27日 (金)

18回北陸大会(その2)

 12月にこのようなことを書きました。

----(ここから)----

 日曜日にTBS系の一部地域でやっていた「時間制限プレッシャークイズ 時の扉」はなかなかいい番組でした。芸能人が知識のいらないクイズに挑戦という触れ込みの割には、クイズマニア的に問題の質が非常に高い。スタッフロールを見て、ヘキサゴンがバカを笑う番組なのに出題されるクイズ問題自体は非常にしっかりしているのと共通していると思いました。毎週は無理にしても、ときどきスペシャルでやる番組としては十分いけます。

----(ここまで)----

 これが毎週のレギュラー番組になるそうです。ただ、平日の23時30分かららしいので、ローカル枠かもしれません。そういえば、上の文章を読んで、大前がおもしろかったと言っていたので遅れ地域での放送を見たというブログがありました。
 それでは18回北陸です。

----(ここから当時の引用)----

YES-NOクイズ5問限定は今年も維持されます。1問目はポパイと海王丸に
関する問題でした。そういえば、ワールドカップの問題は他のクイズを含め1問も
出なかったと思います。1問目こそ知識では難しいかもしれませんが(問題の情報の
一部は会場内に書かれているのだが)、迷いはしませんでした。2問目以降はクイズ
の定番か、一般常識で考えてこちらの答しか選びようがないという問題で、こんな
簡単で人数を絞れるのかと心配になりました。逆にこういう簡単な問題で絞ると、
できのいいチームが残ることが期待できます。結果としては、4チームが2県と9
チームが2県ということで、見事に成功でした。なお、移動のときの音楽がまた
変わりました。しかし、考える時間が30秒になった5問目だけ、いきなりおととし
までの音楽が出てきました。5問とも昨年の曲または一昨年までの曲でやる方がいい
と思いますが。

残ったチームが少ないときの敗者復活クイズは見る機会ができませんでした。多い方
の2回戦ですが、司会が横島アナになります。脱福澤です。ルールは国旗が10種類
並んでいて、正解と思う国のところに移動するというものです。しかしクイズ番組
には、3つ以上の選択肢に移動して答えるクイズは絶対に失敗するという鉄則があり
ます。1問目、全員が同じところ。2問目、全員が同じところ。3問目、全員が同じ
ところ。しかも3問目は全員不正解です。わからないから全員でくっつこうという
のが見ていてはっきりわかりました。4問目の「牛乳を最も多く飲む国は?」で
ちょっと別れました。こういうタイプの問題を出さざるを得ないでしょうね。「○○
の出身国は?」のような問題は出せません。6問目までである程度チーム数が減って
3択に変更されて、7問目で終了しました。昨年の「チキンレース近似値クイズ」に
続き、最初の人数がわからない企画というのは非常に難しい。今回、国名を各チーム
がパネルに書く形式にしたとすると、筆記の道具がどれだけ必要が見当がつかない
し。このところ、実験台としての位置づけがはっきりしている北陸大会ですが、沖縄
まで2週間で何か考えてくださいとしか言いようがありません。私もうまいクイズの
企画を思いつきません。

----(ここまで)----

 道具がどれだけ必要か見当がつかないのに、敢えてある問題数以上正解の全チームでペーパークイズをやったのが昨年でした。

|

« 18回北陸大会(その1) | トップページ | 18回北陸大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/44187735

この記事へのトラックバック一覧です: 18回北陸大会(その2):

« 18回北陸大会(その1) | トップページ | 18回北陸大会(その3) »