« 第3回エコ甲富山大会(その4) | トップページ | 第3回エコ甲東京大会(その1) »

2009年1月11日 (日)

第3回エコ甲富山大会(その5)

 教育テレビ50年の特別番組が続いていますが、9日に放送された趣味・教養番組の特集で、NHKで初めての一般向けのパソコン講座である82年の「マイコン入門」を取り上げていました。なつかしい。今や司会の須磨佳津江が「ラジオ深夜便」に出るような年齢になっています。私はこの番組を見てBASICのプログラムを作りまくって、大学でコンピューターを専攻するきっかけになりました。さらにこの番組が高校生クイズにも関係あります。マイコン入門は水曜の19時30分からでしたが、その前の番組が「中国語講座」で、終わるときにいつも「サイチェン」と言っていました。高校生クイズの全国大会1回戦の全体早押しで、「中国語でニイハオはこんにちは、シェイシェイはありがとう。ではサイチェンは?」という問題が出ました。それは私の知っている唯一の中国語です。これを100人以上いる他の人が誰も押さなかったので、悠々と答えることができました。

 それではエコノミクス甲子園です。決勝の18問目から2位と1位が交互に正解します。しかし今度は4位が正解。そして3位が2問連取です。3位はなぜか難問にだけ答えます。この時点で得点は7・5・5・4。
 そして26問目は1位が正解、27問目は2位が正解、28問目は3位が正解、29問目は4位が正解。こんなにうまくいくか。得点は8・6・6・5です。3位と1位が不正解の後、4位が2問連取して、8・6・6・7です。
 34問目がスルーになって、ここで主催者側の動きが変です。どうやら、問題がなくなったのではないでしょうか。各チームがこれだけ大接戦になることによって問題が足りなくなるというのは想定していなかったでしょう。前の予選で使った問題を出してきます。
 35問目、1位が正解してマッチポイントです。36問目は3位が不正解。37問目はスルーで、38問目で1位が正解して決定しました。なお、この地区は3位まで表彰されるようで、6ポイント同士による3位決定戦があります。2位の方が正解しました。

 各チームにアンケートとともに缶コーヒーを配っています。やたらサービスがいい。しかも、観客全員にも缶コーヒーをくれるのです。しつこいですが神奈川や埼玉とはこの大会にかける姿勢が違います。
 ガラスケースに入った表彰状が渡されます。大会委員長の副頭取が、この世界に40年ぐらいいるが3分の1ほどしか答えられなかったと言っていました。

|

« 第3回エコ甲富山大会(その4) | トップページ | 第3回エコ甲東京大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/43702304

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回エコ甲富山大会(その5):

« 第3回エコ甲富山大会(その4) | トップページ | 第3回エコ甲東京大会(その1) »