« 第3回エコ甲神奈川大会(その1) | トップページ | 第3回エコ甲神奈川大会(その3) »

2008年12月21日 (日)

第3回エコ甲神奈川大会(その2)

 先日、ムーンライトながらの指定券が取れないことを書きましたが、しつこく照会し続けたら取れました。最近、ムーンライトながらの指定券はこのやり方でしか取っていないような気がします。今、JR東日本では券売機でムーンライトながらの指定券が買えるので、こころおきなく何回でも購入にチャレンジできます。そういえば、来春からムーンライトながらが臨時列車に格下げされることが発表されましたね。どうも18きっぷ期間のみの列車になるようです。

 それではエコノミクス甲子園です。筆記クイズの問題は今回から新しくなりました。傾向は同じです。予選が全部終わったので書きますけど、問題文がすべて英語の問題が数問入っています。「次の金融商品のうち、知人に薦められても絶対手を出してはいけないものは?」という問題は共通です。金融経済の教育で最も重要なところだからですね。

 筆記の後は食事です。この後の早押しで対戦するチーム同士で食事します。食事場所は上の食堂かと思ったら、この部屋の後方に食事スペースを設けています。これは初めてのパターンです。横浜銀行の執行役員も同席します。3年生で出場している人に、「すごいねえ。あきらめたわけじゃないと思いますけど」と言っています。これは高校3年生は全員が大学受験をするという思い込みによるものです。
 我々観覧者への注意があります。「昼食は各自おとりください。1時から外のシャッターを閉めるので、戻るときはインターホンで呼んでください」。欠席者の余った弁当がこちらに回ってこないのは、おそらくエコ甲の予選に行って初めてだと思います。考えてみたら、去年までは半分スタッフみたいなことをやっていたので各予選で弁当にありついていましたが、今年は完全に単なる観客の扱いです。だからおかしなところは批判もできるのですが。

 この後、そんな人がいるのか。

|

« 第3回エコ甲神奈川大会(その1) | トップページ | 第3回エコ甲神奈川大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/43487365

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回エコ甲神奈川大会(その2):

« 第3回エコ甲神奈川大会(その1) | トップページ | 第3回エコ甲神奈川大会(その3) »