« 第3回エコ甲大阪大会(その4) | トップページ | 第3回エコ甲大阪大会(その5) »

2008年12月11日 (木)

28回北海道大会(その9)

 日本テレビの経費節減について書きましたけど、よく考えたら高校生クイズ自体あるんですかね。まあ、高校生クイズを作るなら金を出すという企業があるわけですが。地方交付税ではなくてヒモつきの地方交付金みたいなものです。

 それでは北海道大会です。決勝の1チーム目は旭川東の男子。ここは敗者復活で残ったそうです。一発芸をやらせます。「決勝にキターッ」ブー。続いて旭川東の女子です。クイズ研は4チームが貸切バスで来て2チーム残りました。参加申込書に、リーダーの趣味が「恋愛」と書いてあります。昨年の「インリン」に続き、またこんなことを。
 我々はグラウンドに降りられないので遠くからしか見られないので、よく聞こえません。次の女子チームは、校舎の形が「北」になっていると言っていたようです。
 その次は、昨年も決勝に残った男女混成チームです。このチームの男子は昨年鈴木アナに、あとの2人のうちどちらが好きかときかれました。右松アナが「考える時間は1年間ありました。お嫁さんにするならどっち」。聞こえませんでしたが、去年と同じ答えをしたようです。選ばれなかった方が「めげない」。
 最後は第1問が選ばれた男子チームです。甲子園にも出ている学校ですが、もう負けています。

 1問目、正解は「しんせつ」ですが、混成チームが「しん」とだけ答えて不正解。2問目、「あかん、まいど、おおきに。マリモが住んでいる湖は?」。こういう問題が出るということは、全国大会でクローズアップする強豪チームは出そろっているからもういいということか。女子が正解します。
 3問目、雪だるまに関する問題ですが、なかなかパズルがはまりません。遠目にはすごく簡単そうに見えるのですが。結局どこも答えませんでした。4問目は混成が正解します。次は第1問を作ったチームが不正解。その次は女子が正解です。
 7問目、「テストで75点と71点を取って、平均を80点にするには次で何点とればいい?」。これは今年の高クイっぽい問題です。しかし旭川東の男子が不正解。次の問題は旭川東の女子が不正解です。9問目は第1問を作ったチームが正解。実はここまで、旭川東クイズ研だけ点をとっていません。右松アナが応援団にふりますが無反応です。

 この後、北海道の決勝でこんなに問題を使うとは。

|

« 第3回エコ甲大阪大会(その4) | トップページ | 第3回エコ甲大阪大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/43385200

この記事へのトラックバック一覧です: 28回北海道大会(その9):

« 第3回エコ甲大阪大会(その4) | トップページ | 第3回エコ甲大阪大会(その5) »