« 第3回エコ甲沖縄大会(その1) | トップページ | 第3回エコ甲沖縄大会(その2) »

2008年12月15日 (月)

28回北海道大会(その11)

 12月13日のエコノミクス甲子園神奈川大会で、予選の早押しGブロックで、8問限定ということだったのに司会者が問題数を間違えて7問しか出しませんでした。しかも私が指摘したのに銀行側が無視しました。該当のチームを前に呼んで1問出題すれば済むことなのに。この1問だけで得点が大きく動いて決勝進出チームが変わった可能性が十分あります。第1回のときは私が指摘して大問題になった事件がありましたが、果たして当ブログに書くとクイズ界にどのくらい反響があるか。

 それでは北海道大会です。決勝の23問目。旭川東の男子が正解。ここで4ポイントのチームに、東京に行ったら何をしたいか聞きます。テレビ局に行ってみたいと言うと右松アナは「ちなみに行ってみたいテレビ局はどこですか」。他の局の名前が言えるか!
 24問目はスルーで25問目、旭川東の女子が正解して、ここも王手になります。ここで初めて右松アナが、全国大会に行けるのは2チームと言います。
 26問目、「日本国憲法は何条まである?」で、動き出したチームが途中で止まってスルー。風が強くなって、寒くなってきました。これが北海道の夏です。27問目、大泉洋に関する問題で、第1問を作ったチームが正解して、ついに決定します。右松アナがまた、行きたいテレビ局を聞きます。

 28問目。旭川東の女子が解答権を取って正解。右松アナが「決まったーっ!」と叫びます。決定したときにアンサーと叫ぶのは変なので、福澤時代中期にファイアーを使わない場合のフレーズです。途中まで0ポイントだったのが大逆転勝利です。
 負けたチームにも右松アナがすべてインタビューします。パズルの三角形部分を持ち帰ってもいいと言っています。「旭川東のクイ研の部室に置いといたら」。16時半ごろ終了しました。完全数の問題を全文読み直しています。あまりに早く答えられたので視聴者にわからないということか。そういえば私が出たとき、全国大会決勝の1問目で早押し機が壊れて音が出ませんでした。そのときの解答は有効になったのですが、私は問題のかなり早い段階で押したのに、放送を見ると問題文を全部聞いてから押したことになっていました。

|

« 第3回エコ甲沖縄大会(その1) | トップページ | 第3回エコ甲沖縄大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/43426198

この記事へのトラックバック一覧です: 28回北海道大会(その11):

» これ欲しいな [これ欲しいな]
楽天ブログ - これ欲しいな [続きを読む]

受信: 2008年12月15日 (月) 11時30分

« 第3回エコ甲沖縄大会(その1) | トップページ | 第3回エコ甲沖縄大会(その2) »