« 第3回エコ甲秋田大会(その4) | トップページ | 第3回エコ甲秋田大会(その5) »

2008年11月24日 (月)

28回北海道大会(その2)

 昨夜、タモリが20年ぶりぐらいにNHKに出るという「ブラタモリ」を見ようとしたら、元厚生次官殺害を名乗り出たために、その枠が全部ニュースになってぶっ飛びました。事件発生では「ニュースJAPAN」のエコノミクス甲子園特集が飛ぶし。
 そういえば、そのエコノミクス甲子園特集は明晩24日に放送されるといううわさがありますが、確認できていません。あと、24日の19時40分から教育テレビで「伝える極意~クイズ~」の再放送があります。クイズマニア的には必見だと思います。

 それでは北海道大会です。10時45分に右松アナが現れます。「その握りこぶしに偽りはないかーっ!」。いきなり福澤フレーズです。「見たことないだろう。誰だかわからない私を温かく迎えてくれてありがとうございます」。そして、娘はカナといって、生後11カ月で先日やっと独り立ちしたという話をします。「家族を支える基本給は243600円」。またしても、有名になる前の福澤が連発していたフレーズです。実際は諸手当やボーナスが膨大に加算されるのであろうと考えるのは野暮なのでやめておきますが、福澤時代のVTRを見まくったか本人に教えを請うたかのどちらかであることは明らかです。
 「僕は今、第2の青春のレボリューションにいます。もし4代目総合司会を射止めたら、試用期間中の歴史的瞬間を見たことになります。しかしもし番組から抹殺されたら、それはそれである意味珍事件として歴史に名を残します」。そして「へそ下三寸に力を込めて、アンサー! アンサー! アンサー!」。またしても福澤フレーズ「へそ下三寸」です。しかしその次は「熱い。だけど涼しい」。これはラルフフレーズです。

 第1問を作ったチームを呼びます。学校名を言いませんが、当人はわかっているということか。「正解はなんとこれだ! で、その前に」。一番乗りのチームを紹介します。コスプレはドンキホーテで買ったそうです。中国大会でも同じことを言っているチームがいました。さらにチアリーダーの格好をしたチームを2つ呼びますが、その中に男が含まれていました。
 お裁きボックスに入れるチームを選びますが、一方の答えには2チームしかいないので、ついに男を選ばざるを得なくなります。

 この後も福澤フレーズ連発です。

|

« 第3回エコ甲秋田大会(その4) | トップページ | 第3回エコ甲秋田大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/43206686

この記事へのトラックバック一覧です: 28回北海道大会(その2):

« 第3回エコ甲秋田大会(その4) | トップページ | 第3回エコ甲秋田大会(その5) »