« 日本人の質問(その35) | トップページ | 28回北東北大会(その2) »

2008年11月 8日 (土)

28回北東北大会(その1)

 訂正です。大阪のひき逃げの事件について、逮捕のニュースで記者のリポートの映像を見たら、後ろに映っている建物は曽根崎警察ではありませんでした。どうやら曽根崎署以外の場所に捜査本部が置かれたようですが、調べ切れませんでした。すぐに大阪地検に移されたようですが、そちらはそちらで内部はわかります。

 それでは8月6日の北東北大会です。会場は2年ぶりの盛岡中央公園ですが、盛岡駅の西側が整備されたことによって劇的に近くなっています。前回は、直線距離は短いのにものすごく時間がかかりました。
 10時15分ごろからテレビ岩手の人があいさつしています。「きっと全国大会はハイビジョンだから君たちの頑張る姿がはっきり映ります」。ライオンの東北エリア統括の人が開会宣言して、10時30分すぎに鈴木アナが出てきます。「パワー」で火が出て、「ヘアーがホット」。会場後方に作られた巨大なゲートからオリエンタルラジオが登場します。南九州に続き、この地味な予選によくオリラジを呼んだものです。中田は岩手に来たこと自体が初めてだそうです。

 第1問には70を超える応募があって8つに絞ったそうです。青い封筒を選んで、出たのは岩手の公立進学校の問題です。男女混成チームです。メンバーの1人が勝手に問題を応募して、残りの2人はその内容を知らないそうです。オリラジが「アキラくんの元カノと今カノ?」と、近畿と同じネタをふっています。
 問題はねぶた祭りに関するもので、ちゃんと北東北にちなんでいるではないか。しかし簡単とみえて、圧倒的に一方の答えに偏ります。
 「第1問不正解になったチームはお別れですからね」とウソを言っています。「正解は、これだーっ、の前に」があって、チーム紹介です。オリラジファンで、オリラジのDVDを持ってきたというチームがいます。DVDにあるネタのものまねをします。その歌を藤森自身がやるとブーと鳴ります。

 正解発表は、オリラジが出てきたゲートのところにある巨大○×ボードの、不正解の方が爆発するそうです。中田が「ここでお別れなんですか」と言います。鈴木「先ほど何と言いましたか」。中田「奥さんがスチュワーデス」。藤森「国内線でナンパしたの? 国際線?」。鈴木「そうではなくて、ハッピーなので全員が7問答えられます」。
 この後、それを言ってはいけないだろ。
 

|

« 日本人の質問(その35) | トップページ | 28回北東北大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/43044319

この記事へのトラックバック一覧です: 28回北東北大会(その1):

« 日本人の質問(その35) | トップページ | 28回北東北大会(その2) »