« 28回近畿大会(その8) | トップページ | 28回近畿大会(その10) »

2008年11月 1日 (土)

28回近畿大会(その9)

 書くのを忘れていましたが、先週の「カンゴロンゴ」は、広告会社で携帯電話を担当する鬼部長が、部下を単なる駒として使って、20億円をつぎ込んだ広告展開を推し進めるのですが、CMキャラクターのタレントが大麻所持容疑で逮捕されてすべてが無に帰すという内容でした。これって、加勢大周の逮捕で収録した番組が放送できなくなったことを自分でパロディーにしているのか? NHKのスタッフもなかなかやります。でも私がこういうことを書くとまた、「自分が逮捕されてどうする」というコメントがつきそうです。なお、この文章を投稿直後に読んだ人は、午前3時すぎからの再放送を見ることができます。

 それでは近畿大会です。和歌山の決勝は、8問目までで3チームとも2ポイントです。9問目は女子が取りますが、その後、男子が連取して逆転王手です。もう一方の男子が3ポイントになって、次に女子が4ポイントで追いつきます。
 ここで、他の府県の決勝進出チームが近くで見ていたのをスタッフが、「木陰へ行け」と強制的に追い出します。この直後、男子が5ポイント目を取って決定しました。すると、今追い出したばかりの滋賀を呼びます。時間がないからと言って走らせていますが、直前までこの場所にいたのをおまえがあっちへ追いやったんじゃないか。雰囲気が悪くなっているので中田が「一番遅く来たチームはライオンちゃんにビンタされます」。

 ここでオリラジが、周囲で見ている人たちに話しかけます。各地の予選を見て回る人にです。年齢を聞いたりしています。これまで、我々は空気のような存在でしたが、オリラジがついに禁を破ったのです。ちなみにこれらの話はオリラジのブログにも出てきます。絶対に見られないはずの北東北の決勝にもいたというようなことが書いてあります。

 滋賀の決勝です。女子チームは参加申込書に蛍光ペンを使いまくって書いています。混成チームは通信制高校だそうです。通信制がここまで残るのは史上初です。メンバーには17歳の1年生とか19歳の2年生がいて住所もバラバラです。
 またオリラジが周りで見る人に接触します。鈴木「接点がないんですが、オリラジが興味を示してしまいました」。

 この後、いろいろあって長い戦いになります。

|

« 28回近畿大会(その8) | トップページ | 28回近畿大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42969389

この記事へのトラックバック一覧です: 28回近畿大会(その9):

« 28回近畿大会(その8) | トップページ | 28回近畿大会(その10) »