« 28回近畿大会(その5) | トップページ | 28回近畿大会(その7) »

2008年10月29日 (水)

28回近畿大会(その6)

 NHKの「熱中時間」は、同じ番組が3回放送されます。先週の木曜日に見られなかったので今夜見ようとしたら、なぜか今回の放送をせずに、昔の再放送をやっています。理由がまったくわかりません。特別番組の関係で本放送と再放送の順番が狂ったので戻すためか。ここで放送された昔の回に出ていた人が、先日の「ナニコレ珍百景」3時間スペシャルに出ていました。ウチの方が先に見つけたと言いたくてこの回を放送したのでしょうか。
 そういえば、先日ラジオに大槻ケンヂが出ていました。北海道から突然手紙が届いたそうです。舞台でヌンチャクのパフォーマンスをやっているらしいが、自分はヌンチャクのプロなので、そちらに行くから個人的に指導させろという内容なのです。当然断ったようですが、この人も「ナニコレ珍百景」3時間スペシャルに出ていました。

 それでは近畿大会です。五感クイズの聴覚は逆さ歌です。味覚はあめのようです。鈴木アナが「夜ウルフ、朝からゴルフ」などと言っていますが高校生は誰も聞いていません。
 スタートして3分もしないうちに東大寺学園が答えます。しかし不正解。続いて東大寺学園が来ます。また東大寺学園が来ます。トップの数を数えるだけで2分では終わらないと思います。このスピードで五感を全部答えられるのはおかしいだろ(3人が手分けして同時に別の問題のところへ行くのは禁止)。もしかすると、他の地区の答えはネットにも流れていたので、それをもとに推理したのではないか。例えば視覚は四国で459個、中部で758個なら、近畿は728個になることが容易に想像できます。
 今度は灘が来ました。そして開始5分後に、2回目に来た東大寺学園が正解します。続けて東大寺学園が正解。それに続いて2回目の灘が正解。こんなに早く抜けるチームがいると、後の方のチームはペーパークイズの解答時間がほとんどなくなるかもしれません。その後、中田が正解しました。
 トップの数を口で言ってしまってそれが正解だったチームがいますが、他のチームは気づいていないようです。解答を待つ列が長くなってきました。藤森は開始17分後にようやく正解です。開始20分後に来た東大寺学園に鈴木アナが、東大寺にしては遅くないかと言います。開始24分後に視覚の百の位と一の位が発表されます。28分後にようやく全チームが正解しました。

 抽選会は該当者がいなくてすぐにジャンケン大会に切り替わります。ペーパークイズを終えた勝者も参加しています。15時前に勝者が呼ばれるのに合わせてジャンケン大会も解散です。帽子の落とし物があって「いませんか。オークション出しちゃいますよ」。
 この後、鈴木アナがおわびの品を渡します。

|

« 28回近畿大会(その5) | トップページ | 28回近畿大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42939291

この記事へのトラックバック一覧です: 28回近畿大会(その6):

« 28回近畿大会(その5) | トップページ | 28回近畿大会(その7) »