« 28回北九州大会(その3) | トップページ | 土曜日の番組 »

2008年10月 4日 (土)

28回北九州大会(その4)

 笑ってコラえてのスペシャルのビデオを見ましたが、オープニングのスペシャルゲストクイズは、すべてのBGMを笑ってヨロシク時代と同じにしていました。つい立てがコンピューター制御で動いていると言い張るところも同じです。これで「VTR回転」というフレーズを使うようになれば完璧です。全体的には、この部分以外はこれまでの笑ってコラえてと変わりませんでしたが、そのうちクイズがだんだん広がって侵食していくのだろうか。

 それでは北九州大会です。オリラジが敗者復活を要求します。これからオリラジに条件を出して、できなければ来年の司会はエド・はるみになるといいます。中田「エドさんの体力・歳では無理だよ」。オリラジの2人のうち1人でも鈴木アナにジャンケンで勝てば敗者復活を認めるそうです。中田が「うちの慎吾くんはお笑い苦手やけどジャンケン得意やで」。そして藤森がジャンケンをするといきなり勝ちます。ここは負けて盛り上げるのではなかったのか。打ち合わせと違う? とにかく、これで敗者復活をやることになります。

 牟田アナがメインステージで問題を出します。敗者復活戦をこの場所でやるのは非常に珍しい。1問目、JR九州のSUGOCAについてです。不正解のチームに「もう帰ってもいいの?」と言います。また敗者復活があるのかと思ったら、インターネット特別大会のお知らせでした。
 2問目はオリンピックの問題です。敗者復活戦も1問ごとに移動音楽を変えています。3問目、「アジサイの青が強くなるのは土が何性のとき?」。ほとんどがアルカリ性を選びます。しかし正解は酸性です。これはむしろ○×で出す方がおもしろかったのではないか。私は高校時代にこの問題を作ったことがあります。ここで一気に6チームになりました。これで終わりにするかと思ったら、「6チームの中から準決勝進出チームが決まります」。
 4問目はアニメについての問題で、3つの答えに2チームずつに分かれます。「今年のテーマって何だっけ。ハッピーになりたいか。その気持ち、ぜひ準決勝にぶつけてください」ということで2チームが勝ち残ります。

 抽選会は砂浜の一番奥に、松林に向かって台を組んで、高校生が日陰で参加できるようにしています。牟田アナ「僕のマイクも拡声器に変わって、ちょっとテンション下がりましたけど」。賞品と引き換えに参加証を回収していますが、これがないとインターネット特別大会に参加できないということに後で気づきます。オリラジサイン入りTシャツが、さっき○×7問目で水をかぶったチームに当たります。別の予選での話によると、水をかぶったチームはスタッフTシャツをもらえるようなのですが、ここは2着手に入れたのか? 鈴木亜美サイン入りステッカーが当たったチームに「鈴木亜美のファン?」ときくと「いや」。

 この後、あのチームがあんなにバカだったとは。

|

« 28回北九州大会(その3) | トップページ | 土曜日の番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42676534

この記事へのトラックバック一覧です: 28回北九州大会(その4):

« 28回北九州大会(その3) | トップページ | 土曜日の番組 »