« 文化祭のクイズ(その2) | トップページ | 文化祭のクイズ(その3) »

2008年9月17日 (水)

28回中国大会(その9)

 私の親が今年の全国放送について「高校生にくだらないことをさせるのではなくて、非常におもしろかった。来年もこれでやってほしい」。私の親ですから、第1回から高校生クイズをすべて見ています。それでも番組に特別な思い入れがない普通の視聴者の感想はこんなものです。確かに、全国大会に出た40チームが画面に一切映らなくても、鈴木アナが自分で問題を読まなくても、一般の視聴者には知ったことではありません。ネットでいろいろ書く人は、既存のマスメディアへの反発が強くて、電通が裏で動いてるとか芸能事務所の力関係とかいった、表面上の番組内容と関係ない話をしたがる傾向にあるでしょうから、視聴率が高かったこととネットで極めて悪評であることとの乖離が特に強く出たのではないでしょうか。

 それでは中国大会です。山口の決勝は10問目で決まりました。勝者が海に飛び込んで、メガネを落とします。このチームのリーダーの母親は、1985年に中国大会に出て負けたそうです。もう、高校生クイズに出た人の子どもが高校生クイズに出る時代になっているんですね。いつ、親子2代全国大会という話が出てくるか。なお、1985年の中国大会といえば4000チームほど出ていたわけで、現在の、舞台の前にパラパラと人がいる感じの中国大会を親は知らないんでしょうね。

 最後は広島の決勝です。ここは3チームのうち男子2チームがともに敗者復活だそうです。どちらも○×は3問しかできていません。1チーム目の学校は、学校の歌が11ぐらいあるそうで、3人で開校記念日の歌を歌わされます。2チーム目には応援団で燃え尽きたという人がいて、これも応援をやらされます。このチームには、減量に失敗した人というのもいます。10キロ落としてリバウンドしたそうです。
 残りの1チームは女子で、○×は6問です。リーダーの自慢はY字バランスで、これもやらされます。そして、自慢が「手が大きい」という人がいて、隣の男子チームと手を合わせます。

 1問目、女子が取ります。2問目と3問目で男子2チームがそれぞれ取って、全チームが並びました。5問目で女子が正解して王手です。6問目、女子が動いたので他のチームがあわてて阻止にかかります。そして男子が解答権を取って不正解。
 7問目、正解が「地上デジタル放送」という問題です。中国大会の番組で「アナログ放送は2011年7月24日で終了します」というコメントを入れるために出題しているのでしょう。これで女子が解答権を取りました。しかし「地上波デジタル放送」と言って不正解。放送局の最重要事項である地デジに関しては、女子へのおまけもできません。
 8問目で男子が正解して追いつきます。しかし9問目を女子が取って決定。実に久しぶりの女子の勝利です。まだ宮城とここの2チームしかいません。

 右松アナがここでは、1問だけ録音し直しています。18時ごろに終わりました。我々はまたタクシーを呼んで、橋を経由して呉に戻りました。

|

« 文化祭のクイズ(その2) | トップページ | 文化祭のクイズ(その3) »

コメント

いつも見てます。

ところで日テレの全国大会のアルバムの中で、鳥取県の代表が男女混成チームになってました。

まっ、今年の一回戦ならメンバーが変わったことを伝える必要はないんでしょうが…


予選の模様も放送されないし(笑)

投稿: 猿 | 2008年9月18日 (木) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42501276

この記事へのトラックバック一覧です: 28回中国大会(その9):

« 文化祭のクイズ(その2) | トップページ | 文化祭のクイズ(その3) »