« いろいろ雑記 | トップページ | クイズ研の紹介 »

2008年9月 9日 (火)

いろいろな見方

 日曜日にフジテレビでは「キャッシュキャブ」の第3弾をやっていました。第2弾で芸能人だけでなく一般人の解答者が登場しましたが、今回はその数が増えていました。少しずつ増やしていって、視聴者参加クイズとして通用するか試しているのだろうか。

 さて、コメントで、中央高校のことを書いてくれというのがありました。そういえば今年でなくなるんでしたね。どこで読んだか忘れましたが、サイトに、収録時には鈴木アナはなるべく多くのチームのインタビューをしたり解答を紹介したりしていたと書いているのがありました。私もよく知りませんが、現場での制作とVTR編集は班が分かれているようですね。確かに全国大会では、各チームへのインタビューなどは非常に多い。最終的にどこを使うことになるかわかりませんから。いくら有名進学校を残すといっても、今回のような番組になったのは、一部の演出陣の意向によるものでしょう。岡山高校が常にボーダーライン上にいたのに放送で一言も取り上げられなかったというのもあります。それより下のラ・サールはずっと注目されているのに。

 今回の全国放送に、かつてないくらいネット上で批判が渦巻きました。ここまで否定的な意見で埋め尽くされるというのは見たことがありません。ところが視聴率が出てみたら、昨年より急増していたわけです。視聴率が14%以上になったというのは、私もよく覚えていませんが、15回以来ではないでしょうか。
 一つには、裏番組が強くなかったというのがあるでしょう。「ランキンの楽園」なんか翌週で終わりだし。しかし昨年も他局は何の特別編成もしていないのに、高校生クイズの視聴率はテレビ東京をも下回りました。
 私は次のように考えています。高校生クイズは長期低落傾向のため、そもそも高校生クイズが今でも続いているということを知っている視聴者がかなり少ないのではないか。実際に私は数年前に、「えっ、高校生クイズってまだやってるんですか」と言われたことがあります。昨年、テレビ欄を見ても高校生クイズだとわからないのが大失敗だと書きました。
 今回の番組についてネットでわざわざ批判するような人は昔から高校生クイズを見続けているわけで、むしろ少数派といえます。今年は放送が19時になったこともあり、テレビ欄も有名進学校名だけで埋めるという「暴挙」に出て、裏もそれほど見たい番組がないということで、特に高校生クイズのファンでもない人たちがチャンネルを合わせたのではないかと思います。もともと高校生クイズを知らない人にとっては、「あの全国高等学校クイズ選手権がこんなにズタズタにされてしまった」という思いはないので、普通のおもしろいクイズ番組として見られるわけです。

 この方向性で視聴率を取ってしまったので来年もこうなるという見方もありますが、私はそうは思いません。この手法は2回続けてやったら通用しないでしょう。今回以上の対戦が見られるとは思えないし。今回とりあえず高校生クイズを視聴者に認識させたうえで、なんとか元に戻す必要があります。過去、15回が(今回ほどではなくても)同じようなパターンでしたが、16回では15回のようなクイズと屋外ロケものを合わせて、移行措置をとろうとしていました。私は今回のルールでも収録を屋外でやれば、かなり印象が違ったと思うのですが。問題は、予選をまったく見せなかったので、高校生が出てくれなくなることです。放送しないのに来年も13カ所で予選をやる手間をかけるのか? 予選を収録しているときにはスタッフも「これは放送しないからどうでもいい」と思っているわけではないと思いますが。

|

« いろいろ雑記 | トップページ | クイズ研の紹介 »

コメント

 今回の視聴率は私の予想では5%いったらいい方だと考えていたので驚きでした。地方の視聴率はいくらあったのか知りたいです。私も今回の高校生クイズは最初の10分を見ただけであまりの雰囲気の悪さにテレビを消してしまいましたが。スタッフにとっては勝負は来年でしょう。いくら視聴率がとれても参加する高校生がいなければ高校生クイズは終わってしまいます。高校生クイズは時代が違えども懸命な高校生のドラマをずっと見せてほしいものです。

投稿: うらしま | 2008年9月 9日 (火) 03時14分

こんなこと書かれたらコメントしないわけにはいきませんね。


一回戦が始まって、準々決勝出場枠が8チームと聞いたとき、「あ、今年も一回戦敗退か。」なんて思ったりしました。なんせ回りは有名な高校ばかりでしたから。


でも、他の敗退した岡山県勢のことや応援してくれた友人のことも思い出し、とりあえず食い下がってみようと目の前の問題に必死で答えていきました。

10問、25問、そして40問経過して気付けば慶應やラサール、灘は自分達より後にいることに気付き、50問まであと少しというところまできていました。

まあ、結果的には負けてしまいましたが、それなりの成績だったし、絡みもあったのである程度は映るんだろうなと思って、放送を観てました。

で、ご覧の通りです(笑)

僕はクイ研でもないし一高クイファンというだけなので、今後クイズに関して自分が何かに参加することは無いでしょう。

ただ、三年間出場して、最後の思い出がこれでは残念だなと感じました。

投稿: 岡山代表 | 2008年9月 9日 (火) 21時27分

ずっとROMしてましたけど、自分の見方として・・・

まず今年のこの形式はしょうがないかなって思います。
クイズ番組の乱立で、問題もないし、特徴出さないと面白みもない。かつ予算もたいしてかけれない。
で、出た結果が今年の番組作りだったのかなと。
ルールも各ラウンドに必要な知識も広くて、構成としてはよかったけど、
ただ見る側はクイズマニアじゃないと楽しめない部分が多々あったし、参加した高校生が本当に楽しめた高クイじゃないから否定です。

ま、高クイはウルトラに出れない高校生のための番組かたスタートしたから、ウルトラがしっかりと復活しない限り、高クイが繁栄するのはないだろうなぁ。
あと数字の取れる「イケメン」もいなかったし、正直痛い子が多かったから、出たいと思う学生減るんだろうなぁ。
小中学生が番組見て、高校生になったら俺も出たい!って思わせる番組つくりはもう無理なのかなぁ。

って長々失礼しました。

投稿: ゆう | 2008年9月10日 (水) 01時56分

1回戦負けした者です。
岡山のコメントを見て、ほんと虚しく思いました。
今年は、行った意味なかったです…。敗者復活もなく…。地方の微妙な進学校なんて無視で進行してるし、個々の個性だって重要視されてないし…。
実力不足は認めてます…が、今回の問題は別の番組でしてほしかった…。
長々すみませんm(_ _)m

投稿: 通りすがり | 2008年9月11日 (木) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42421820

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな見方:

« いろいろ雑記 | トップページ | クイズ研の紹介 »