« 日本人の質問(その33) | トップページ | 28回四国岡山大会(その11) »

2008年9月29日 (月)

28回四国岡山大会(その10)

 日本テレビでやっているウルトラクイズ風CMの今年のバージョンを、本日初めて見ました。シャープペンシルの芯の宣伝で、一般公募で選ばれた人が不正解で泥に飛び込んでいました。かなり太った女性で、ああいう人が選ばれるのかと思いました。
 あと、今夜はBS日テレで「小学生ミラクルクイズ」をやっていましたね。早押しの音が完全に高校生クイズでした。まあ、裏にはボキャブラもあり二戸キャップもありビフォアフもありで、気づいた人はいないでしょうが。そういえば、ボキャブラは裏がからくりTVなので、ナレーターが真地勇志ではありませんでした。

 それでは四国です。徳島の決勝は、昨年代表の女子が4ポイントで、残りの男子が3ポイントと2ポイントです。13問目、「節分は年何回?」で女子が解答権を取ります。しかし不正解。ダブルチャンスの男子も不正解です。12問目のにしおかすみこと違って、こういう問題になると急にできなくなるか。そういえば、前の予選の決勝でもにしおかすみこが出ていたな。14問目、男子2チームがともに不正解。
 15問目、また女子が解答権を取りますが不正解。ダブルチャンスで男子が取って、ついに追いつきます。そして16問目、パンをふくらますときに使う「イースト」を日本語で何というという問題です。4ポイントになった男子が解答権を取ります。自信満々に「東!」。もう1チームの男子も不正解です。
 ここでチャンスの女子。次は韓国料理の問題が出て解答権を取ります。しかし不正解。次の18問目はどのチームも動きません。
 19問目を出す前に鈴木アナが「15」と言います。あまりに決まらないので、問題を選んできました。確かに小学校で習う簡単な問題です。しかしこれを取ったのは2ポイントのチーム。鈴木アナが「いったい何問読ませるんだ」。そして20問目、このチームが連取します。ついに全チーム4ポイントです。鈴木アナ「ラルフ東京に帰れない」。
 21問目、刺繍の問題が出て、女子が勝ちます。これについては特にコメントしません。

 次は岡山です。ここまでどの県にも前年の代表がいましたが、ここには一昨年の代表がいます。1問目、デビューシングルのタイトルだけで一昨年代表がB’zを答えます。2問目は別のチームが間違えて、3問目は一昨年代表が正解。さらに4問目も取ります。5問目は一昨年代表が間違えますが、ハンデをものともせず6問目でまた正解。この6問目、問題を2回読み直します。そして7問目も取って、5対0対0の完全勝利です。徳島とは一転した展開に、鈴木アナが大喜びです。

 昨年代表が3県で出て、一昨年代表が出て、次は昨年のスーパーオリラジチャンスです。

|

« 日本人の質問(その33) | トップページ | 28回四国岡山大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42628620

この記事へのトラックバック一覧です: 28回四国岡山大会(その10):

« 日本人の質問(その33) | トップページ | 28回四国岡山大会(その11) »