« 28回中国大会(その9) | トップページ | 28回四国岡山大会(その1) »

2008年9月18日 (木)

文化祭のクイズ(その3)

 今年の近畿大会の○×で、絶対×だと思ったら○だった問題がありました。放送での解説によると、データが変わったばかりだそうです。ところで、この前の日曜日に東京では、「プレッシャーSTUDY」と「ウソバスター」の事前番組を1本にまとめた番組をやっていたのですが、そこで放送された過去問で、これと同じ問題が古いデータのまま放送されていました。

 それでは文化祭の話です。体育館で12時半からクイズ研の企画があります。行ったら、参加希望者は全員、ペーパークイズをやるようになっています。記述式で10分で50問です。上位に残ると、○×で勝った人とともに舞台での早押しができます。
 問題は基本的なものです。ただ、1枚の紙の表が問題で裏が解答欄なのでやりにくい。さらに、42番と43番の間に問題番号のついていない問題があるのでそれは削除してくれというのですが、39番が2問あることには気づいていません。
 解答用紙を回収するのかと思ったら、採点する人手がまわらないらしく、正解を発表して自己採点です。私は39点でした。得点も自主申告で、上位の人から舞台に上がります。早押し機は6台ありますが、○×で勝ってここに来ている人は1人しかいないようで、あと5枠あります。同点の場合は1問目からの連続正解が多い方が勝ちになります(そのためか、最初の方の問題はずっと簡単だった)。

 40点台はいなかったので、私がペーパートップでしょうか。奈良代表のリーダーが解答用紙の私の名前を見て「ストーカー読ませてもらってます」。早押しは7ポイント先取で、3問不正解で失格です。私は、あまりに自分が答えすぎるのも大人げないしと思っていたら、他の勝者も、それなりにクイズをやっている人たちのようで、私は全然解答権が取れませんでした。それでも後半の連続正解で追い上げましたが、4ポイントになったところで、勝ち抜けが出ました。
 しかし3人勝ち抜けるまで続けるそうです。その後、私が6ポイントになってトップに立ちましたが、最終的には勝ち抜けられませんでした。上位3人には、1位のデジカメなど、ちゃんとした賞品が出ることがわかりました。過去、東大寺学園の文化祭でやるクイズで、そんな賞品が出るのを見たことがありません(22回の直後にオーストラリアで手に入れた物が出されたことはあるが、無料でもらったようなものばかり)。しまった。頑張りが足りなかった。

|

« 28回中国大会(その9) | トップページ | 28回四国岡山大会(その1) »

コメント

東大寺の文化祭の早押しで「子供が好きな野菜No.1に輝いた、ビールのおつまみとしても・・・」に「かぼちゃ」と答えた在校生です。いつも拝見させて頂いてます。
私は○×で抜けたんですが、私含め8人はあのあとクイ研の部屋で体育館のと同じペーパーを受けました。そのうち3人が早押しに出られる、というものでしたが、パパさん(早押し2位の人)と私の2人しか体育館に行きませんでした。ちなみに、この2人のペーパーは30点と29点でした。
にしても、上位賞品の予算はどこから出たのか。気になるところです。

投稿: おつまみかぼちゃ | 2008年9月18日 (木) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42511831

この記事へのトラックバック一覧です: 文化祭のクイズ(その3):

« 28回中国大会(その9) | トップページ | 28回四国岡山大会(その1) »