« 28回四国岡山大会(その6) | トップページ | 28回四国岡山大会(その8) »

2008年9月25日 (木)

28回四国岡山大会(その7)

 エコノミクス甲子園の予選日程が発表されましたね。なんと高校生クイズを超える15地区でやるそうで、ほぼ全国を網羅しているといえます。というか、網羅しすぎで、埼玉と東京と神奈川でそれぞれ予選があるのは需要があるかもしれませんが、岡山と香川と愛媛とか富山と石川と福井でそれぞれ予選があってどうするんだ。それだけやりたいという銀行が名乗り出てくるのはめでたいことですが。一方でNPOがやっていた熊本はなくなりました。

 それでは四国です。徳島の準決勝の結果発表。また脇町です。アフロのかつらをかぶって「決勝へルネッサーンス」でブー。鈴木アナが「また会おうか〜い」。この後2チーム不合格で、昨年の代表の女子が合格です。なぜかこの地区はやたらと昨年の関係者が出てきます。
 海部高校に鈴木アナが「元総理カモン」で不合格。その次が合格で終了しました。

 次は岡山です。鈴木アナがチーム数を数えて「1、2、3、フー、ヒャー、ヒー、いっぱいです」。最初の3チームが不合格の後、岡山朝日の姫井チームがピンポン。やはり「姫井」は岡山の名字なんですね。不合格が3チーム続いて男子チームがピンポン。また不合格が2チーム続きます。
 ここで鈴木アナが独断で、列の一番後ろのチームを呼びます。最後尾は結果に関係なくブーブーゲートに乗れないので、先にやってみろというわけです。しかし不合格。ここから怒濤の不合格が続きます。先ほどの合格の後10チーム連続不合格になったところで、次のチーム「東京行かしてくれるかな? いいとも!」。鈴木アナが「チャンネル違う」。しかしピンポン。これで終了しました。

 最後は香川です。1チーム目「ラルフさん結婚おめでとう」でブー。さらに2チーム不合格で、次の高松高校の男子が合格。そこから5チーム連続不合格です。
 この次に出てきた高松の女子は、昨年のスーパーオリラジチャンスのチームです。今回この言葉を聞くことがあるとは思いませんでした。鈴木アナが「全国、というか東京行った」。あくまでスーパーオリラジチャンスは全国大会ではないということか。このチームが合格。次の高松の女子も合格で、香川は3チームとも同じ学校になりました。

 抽選会が再開されます。スタッフTシャツを全部放出して、23チームも当たるようになっています。今、この港には自衛隊の護衛官はたかぜが停泊していて、内部の公開をやっていますが、クイズ優先なので入っている時間がありません。決勝は同じ会場内の、海をバックにしたところです。

 この後、この地区でもそういう政治的問題が出るのか。

|

« 28回四国岡山大会(その6) | トップページ | 28回四国岡山大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42584581

この記事へのトラックバック一覧です: 28回四国岡山大会(その7):

« 28回四国岡山大会(その6) | トップページ | 28回四国岡山大会(その8) »