« 28回四国岡山大会(その7) | トップページ | 28回四国岡山大会(その9) »

2008年9月26日 (金)

28回四国岡山大会(その8)

 連日、クイズ番組のスペシャルがあって、見るのが大変ですね。今夜はタイムショックでしたが、眞鍋かをりはまだ横浜国大に通っているという都市伝説を取り上げていました。福田萌が、学内で見たといううわさが流れていると語っていましたが、眞鍋は、「横浜国大は最大8年までいられますが、もうその年齢(入学時の年齢の8年後)を超えています」。すると、ここでいきなり、八田亜矢子がアップになりました。これは非常に示唆に富んだ編集です。

 それでは四国です。決勝は20回とまったく同じです。つまり、うどんの粉を麺棒で延ばして、転がすことによって下のスイッチが押されてカウンターが増えるというものです。しかし5ポイント先取であるところが違います。ダブルチャンスありで、不正解は次の問題で解答権を得るための回数が倍になります。高校生は全員、かっぽう着を着ています。

 まずは愛媛。昨年も決勝で負けた農業高校の女子です。メンバーは1人入れ替えたそうです。そして男子2チームはともに松山の公立です。クイズを始める前に鈴木アナがうどんを食べるのは、富士山大会で見た光景です。
 1問目、日本を囲む海を答える問題で、解答権を取った男子が大西洋と言ってしまいます。もう1チームの男子がダブルチャンスで正解。2問目は、ミカンの収穫量が1位の県という問題で、1問目に正解したチームが和歌山と答えて連取です。これは愛媛という誤答を狙った問題だったのではないかと思うのですが。3問目、芸能問題です。確か「オジサンズ11」の下克上問題で見ました。これも同じチームがダブルチャンスで取って3連勝。
 4問目は男子2チームがともに不正解です。これで有利になった女子、次の問題でロダンをフルネームで答えます。
 次の問題は、地上デジタル放送を所管する省庁はどこかというものです。またしても「2011年7月24日で終了します」を突っ込むための問題です。これから高校生クイズに出る人は、地上デジタル放送について徹底的に調べておけば、予選で必ず1問は出るわけですね。この問題、男子が動き出したら問題を読むのを止めます。ところがその男子は途中で動くのをやめて、女子が答えさせられる形になって不正解です。
 次に男子が正解して独走で4ポイント。ところがここから、解答権を取って間違えるのが続きます。その間に女子が少しずつ答えて、15問目「やぶからスティック」だけで動いて、ついに追いつきます。
 16問目、「ディラン&キャサリン」だけで動いて、4ポイントの男子が解答権を取りますが不正解。ダブルチャンスでもう一方の男子がなだぎ武を正解です。またも愛媛出身の友近を答えからはずしてきました。それにしても、なかなか決着がつかないとなると、芸能問題が出てきますね。
 17問目、野菜の問題が出ます。農高の女子がいるところで。しかし答えて不正解。ダブルチャンスの男子も不正解です。18問目で3チームのポイントは4、4、3になりました。いつの間にか大接戦です。
 19問目、「隠し砦の三悪人のオリジナル版の監督は?」3ポイントの男子が不正解。そしてダブルチャンスでもう一方の男子が正解してようやく決定しました。

 次の対戦も4対4になります。

|

« 28回四国岡山大会(その7) | トップページ | 28回四国岡山大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42596319

この記事へのトラックバック一覧です: 28回四国岡山大会(その8):

« 28回四国岡山大会(その7) | トップページ | 28回四国岡山大会(その9) »