« 28回関東大会(その1) | トップページ | 28回関東大会(その3) »

2008年8月 9日 (土)

28回関東大会(その2)

 昨日は北海道大会だったようですが、夜にSTVラジオの吉川アナの番組を聞いたら、高校生クイズについてかなり特集していました。当日の予選の音声を使いまくっていました。第1問を出題してリスナーから答えを募って、抽選で何か当たるというのもやっていました。右松アナが自腹で買ってきたヤッターマングッズのプレゼントもあります。右松アナはこの番組にたびたび電話出演して高校生クイズの宣伝をしていたらしい。その際、Fカップ好きというのが暴露されて、番組内ではFカップの右松という呼び方が定着しているようです。

 それでは関東大会です。11時に入場が始まります。スタッフが福田問題に誘導しようとしているように見えるので、どうやら北島を選んだ側の方がかなり多そうです。そもそも、ここの第1問で福田首相の問題が出るのも変な感じだし(放送日に首相をやっているかどうかも微妙だし)、北島康介が選ばれるのが前提になっているのではないでしょうか。
 12時を回って入場が終了して、何か開会宣言をやっているのが聞こえます。今回、球場入口よりかなり手前から、我々が入れないようになっています。この後、このスペースを通って全チームをグラウンドに降ろすからでしょう。何を言っているのか全然聞こえません。鈴木アナが登場して、何かが爆発してオリエンタルラジオが登場したらしいということはわかります。

 どこか、もっといい場所はないか。球場の周りをぐるぐる回って、ようやく、なんとか言っていることがわかるような場所を見つけました。この時点で、カウントダウンをしています。どうやら、すでに第1問が発表されて、高校生は解答カードに穴を開けているようです。参加者の減少は底打ちした感じです。
 正解発表ですが、ここで鈴木アナが結婚発表して、ハッピーなので全員がグラウンドに降りられると宣言します。まず○のチームから降りるようになっていますが、どうも一方の解答が圧倒的に多いようです。鈴木アナが野球日本代表のユニフォームを着ていることもわかりました。

 正解発表前に鈴木アナが改めて問題を読みます。やはり北島の方でした。その問題文は、まさに初期の関東大会で出ていたパターンの計算問題です。高校生が完全にスタッフの思考を盗み取ったかのような見事な問題です。この問題なら入口の外に掲示して、入場で○と×に分ける方式でも使えたでしょう。今のクイズマニアはここまでできるか。ただ、この問題は、放送日に聞くと違和感がありますが。今年の全国放送では予選の映像は一切流れないという可能性もあります。

 この後、久しぶりの西武ドームは大きく変化していました。

|

« 28回関東大会(その1) | トップページ | 28回関東大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42116988

この記事へのトラックバック一覧です: 28回関東大会(その2):

« 28回関東大会(その1) | トップページ | 28回関東大会(その3) »