« 28回南九州大会(その5) | トップページ | 28回南九州大会(その7) »

2008年8月26日 (火)

28回南九州大会(その6)

 事後報告です。4月にこういうことを書きました。

----(ここから)----

 本日、BS2で16時から18時まで、「気ままに寄り道バイク旅~初夏の北海道 横断編~」という番組をやっていました。清水國明と国井律子が函館から知床まで5泊6日でツーリングするというものです。人選が非常に渋い。しかしこの番組の存在にたまたま気づいたのが17時50分ぐらいでした。しまった。番組の雰囲気からして、かなり前に放送されたものの再放送のようなので、今後の再放送は期待できません。それにしても、こんな番組があるのなら、なぜ初回放送のときに気づかなかったのか。それで調べてみたら、最初に放送されたのが、ズバリ曽根崎にいるときだったのです。

----(ここまで)----

 この番組、先週の土曜日に再放送されました。NHKは電波をいっぱい持ってると、何回も再放送してくれるからありがたい。
 そして7月に次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 先日の続報ですが、「ことばおじさんのナットク日本語塾」で、本放送がお蔵入りになって1年後の再放送で初めて放送された「立派な犯罪?」の回は、キングオブコメディではなく他の人のコントに差し替えられていました。

----(ここまで)----

 しかし今年7月以降の新作には、キングオブコメディがどんどん出演しています。それなら再放送分の出演者をなぜ差し替える必要があったんだ。
 以上、いずれもNHKと逮捕についてでした。

 それでは南九州大会です。14時50分ごろからペーパークイズの結果発表です。まずは宮崎です。ペーパーの結果発表は、どの県も、まずは自分がやりたいという1チームに名乗りを上げさせます。最初に出た女子は不合格。後は端から順番にブーブーゲートに乗っていきます。「右松アナウンサー、打倒ラルフ」と言った女子が不合格。5チーム目、「あっちゃんかっこいい、カッキーン」と言った女子が合格します。次の同じ高校の男子も連続合格です。1つおいて、「決勝へキターッ」の男子が合格します。

 次の鹿児島は、判定するのにどれだけ時間がかかるのか。現在、ラ・サールは6チームぐらい残っているそうです。鳳凰ははるかにたくさんいます。最初にラ・サールの優勝旗を返還したチームが出てきます。「まだこんなところは通過点としか考えていません。待ってろラルフ」と叫んでピンポンピンポン。このチーム、エコノミクス甲子園で2位だったらしい。
 次は鳳凰です。1チーム目、不合格。2チーム目も不合格。そして昨年のスーパーオリラジチャンスの鳳凰も不合格です。次の鳳凰も不合格。別の学校が1チームはさまって、その次の鳳凰も不合格。さらに次も次も次も不合格です。8チーム目は五感クイズをトップで抜けたチームだったそうです。さらに鳳凰が不合格。その次の鳳凰も不合格。別の学校をはさんで鳳凰が2チーム不合格。別の学校をはさんで鳳凰が不合格。別の学校をはさんで鳳凰が5チーム不合格。ここまででいったい何チームの鳳凰がいたんだ。まだ合格したのは最初のラ・サールだけです。
 久しぶりにラ・サールが来ました。そしてブーブーゲートに乗ると「ピンポンピンポン」。このチームは昨年、南九州大会の決勝で負けたそうです。ここはエコノミクス甲子園3位か。今度は別の学校があって、ラ・サールが3チーム連続で不合格。決勝進出は3チームだから、ラ・サールでも負けます。その後、鳳凰が2チーム連続で不合格。その次の鳳凰が、自分の学校名を「ラ・サール」と叫んでしまって爆笑になります。そして不合格。さらに鳳凰が2チーム不合格。鳳凰はどれだけいるんだ。
 残っているのが4チームになりました。次はラ・サールです。ブーブーゲートに乗ると「ピンポンピンポン」。結局、鹿児島の決勝進出は全部ラ・サールです。この時点でブーブーゲートに乗らずに失格が決定したのは鳳凰とラ・サールと別の学校です。

 熊本の結果発表はもっと長くなります。

|

« 28回南九州大会(その5) | トップページ | 28回南九州大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42276501

この記事へのトラックバック一覧です: 28回南九州大会(その6):

« 28回南九州大会(その5) | トップページ | 28回南九州大会(その7) »