« 深夜の事前番組(その11) | トップページ | 28回富士山大会(その4) »

2008年8月 2日 (土)

宇部のスーパーウルトラ(その6)

 東京代表になった開成のブログによると、エコノミクス甲子園でジュグラーの波は出題されていないそうです。よく考えたら、私は大半の問題を入手したので、調べればわかるのだった。なお、鹿児島の代表になったのは、エコノミクス甲子園3位の、九州大会代表だったラ・サールで、それに負けたのが、エコノミクス甲子園2位の、熊本大会の代表だったラ・サールです。これで、4位の灘が近畿大会で勝ったらおもしろいんだけど。

 それではスーパーウルトラクイズです。山口宇部空港の国際線ターミナルで、14時過ぎに選手団が入場します。今度は空港ビルの総務課長があいさつします。本日参加したのは107チームだったそうです。もしかしたら高校生クイズの北陸大会よりも多いかも。
 ここで行われるクイズは5ポイント先取です。「途中で一度や二度、不正解になっても気にすることはありません」と言っていますが、○×の5ポイント先取で16から3なんて、全問正解しなければ絶対に同点決勝に残れないことは明らかです。男性司会者があおるのですが、かみまくるので参加者が苦笑しています。

 1問目、山口宇部空港に関する問題で、これはなかなかいい。しかし14チーム正解です。2問目は飛行機に関する問題で、これもかなりいいのですが、12チーム正解です。そして3問目、かまぼこの問題が出ました。これは確かに宇部かまの社長が言っていました。ただ、社長は「軟水」という言葉を使っていなかったので、その辺の知識があるかどうかです。この時点で全問正解は6チームです。
 4問目、飛行機に関するもので、これも非常にいい問題です。この大会には相当しっかりした企画組織がかかわっているようです。ここまでで全問正解は4チーム。5問目。これは高校生クイズの過去問です。さすがにネタが尽きてきたか。この時点で5ポイントとったのが4チームいました。同点決勝で1チーム落ちます。

 4チームにインタビューします。昨年もベスト16で空港で負けたというチームがいます。同点決勝の1問目。意味のよくわからない比較問題で、全チーム不正解。2問目は高校生クイズで出た問題です。2対2に分かれて、最初の決定チームが出ました。3問目。またも高校生クイズで出た問題です。途中から面倒になって高クイ本そのままか。これで最後の1チームが決まります。勝ったのは、敗者復活の最後の抽選で残ったチームでした。

 負けた13チームには宇部かま詰め合わせが贈られます。実行副委員長のあいさつ。「来年の賞品をハワイ旅行にするためには、宇部かまぼこを買って食べてください。それから、宇部から東京へは、JALではなくANAで」。いくらANAがスポンサーでも、この発言は極めてまずいだろ。地方空港大受難の今のご時世、本当にJALに撤退されるぞ。

|

« 深夜の事前番組(その11) | トップページ | 28回富士山大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42035735

この記事へのトラックバック一覧です: 宇部のスーパーウルトラ(その6):

« 深夜の事前番組(その11) | トップページ | 28回富士山大会(その4) »