« 28回関東大会(その9) | トップページ | 28回関東大会(その11) »

2008年8月18日 (月)

28回関東大会(その10)

 ケータイ大喜利に続いて本日も、ある収録を見ましたが、その前に、GO!GO!SHIODOMEジャンボリーにも行ってきました。高校生クイズブースは例年とまったく同じです。予選が終わったので賞品にはタオルが追加されているようでした。代表校一覧で、インターネット特別大会のところが空欄になっていましたが、ちゃんと掲示されるのでしょうか(公式サイトでは本日発表されたが)。確か昨年の島特別大会は最後まで空欄だったはずです。

 それでは関東大会です。時刻は20時15分ごろです。千葉と埼玉の決勝が始まります。なぜか千葉のゼッケンがオレンジではなく緑を使っています。こういう20年来の決まりごとを変えられるとマニア的には非常に気になります。
 浦和の昨年代表チームは、○×で負けて敗者復活で残ったそうです。ちなみに○×の正解数は5問です。昨年の全国大会でも敗者復活で残ったわけで「敗者復活好きなんだ」と言われます。浦和の4チームはすべてクイズ研です。残りの川越は文化祭実行委員会のはっぴを着ていて、鈴木アナが「水戸第一のはっぴかと思った」。

 1問目を浦和が取って、2問目はダブルチャンスで昨年代表チームです。しかし1問目を取った浦和が2連取。その中には涼宮ハルヒ関連の問題を、涼宮ハルヒという言葉が出る前に押して正解したのもあります。
 5問目でようやく千葉のチームが正解しますが、次はまた浦和です。その次は浦和の2チームがともに不正解。このチャンスに次で川越が答えますが不正解。
 9問目「油断のならない人を『隅に置けない』」で昨年代表が押します。そして「風上に置けない」を正解すると中田が「この大会は超能力選手権か」。
 13問目の時点で、浦和は昨年代表が2ポイントで、他に3ポイントのチームが2つあります。14問目でその一方が正解して王手です。昨年代表はかなり苦しくなりました。

 15問目。浦和の4ポイントのチームが解答権を取ります。これで決定か、と思ったら不正解。ダブルチャンスは昨年代表で、正解します。中田「僕たちから見れば、クリリンから見た悟空対ベジータです」。16問目。「史上最強のクイズ王決定戦」のカプセルクイズで見た問題です。これを昨年代表が正解して、ついに4ポイントで並びます。藤森「絶対オレ録画しよう」。
 17問目「イタリアに囲まれた2つの」で押します。解答権は昨年代表。「サンマリノ」。ブー。ダブルチャンスはもう一方の4ポイントです。勝ち誇ったように「バチカン」。ブー。問題は、イタリアに囲まれた2つの独立国を両方言うというものだったのです。中田「ハイレベルすぎて大爆笑ですよ」。鈴木「どう編集するの。ノーカットでいけるよ」。

 この間に浦和の0ポイントのチームが正解します。そして19問目。「重要な人物を守るSP」で押します。昨年代表が解答権。しかし不正解。そしてダブルチャンスはもう一方の4ポイント。さっきとまったく同じです。そしてこれも不正解。ちなみに問題は「SPはセキュリティポリスですが、手紙の最後に書くPSは何の略?」
 20問目、「野口英世が亡くなった国はどこ?」で浦和の別のチームが正解して、ここも4ポイントに。「浦和高校第3の刺客です」。中田「普段の部活動どんだけすごいの」。藤森「川越、笑うしかないよな。文化祭の名前もう1回言っとけ。くすのき祭だっけ」。
 この対戦、どうなるのか。

|

« 28回関東大会(その9) | トップページ | 28回関東大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42197920

この記事へのトラックバック一覧です: 28回関東大会(その10):

« 28回関東大会(その9) | トップページ | 28回関東大会(その11) »