« 28回関東大会(その12) | トップページ | 28回南九州大会(その2) »

2008年8月21日 (木)

28回南九州大会(その1)

 「仮面ライダーキバ」は、1986年の世界と2008年の世界で並行して話が進んでいきます。先日の放送では、1986年8月10日が描かれていて、音也とゆりが一緒に暮らし始めた記念すべき日だそうです。その日は、私が近畿大会で勝った翌日ではないか。人生の頂点ですな。それが2008年の今ではこんな状況です。

 それでは7月23日の南九州大会です。会場は崇城大学です。ここは第4回で使われたことがあります。当時は熊本工業大学でした。一昨年の事前番組で、このときの映像が使われていて、グラウンドが4000チームの高校生で埋め尽くされているのは信じられない光景でした。
 さて、本日は日程の都合で、クイズが始まる10時40分ギリギリにしか会場に行けません。崇城大学前駅から山の上にある大学へ、斜行エレベーターというものがあります。それを降りたのが10時38分。扉が開いた瞬間に、叫び声が聞こえました。鈴木アナの声ではありません。しかし地元アナウンサーの前説にしては、しゃべりがうますぎます。急いで会場まで走ります。

 舞台にいたのは右松アナでした。今年も鈴木アナは一部の予選を休んで代理を送るのか。高校生をあおるのに、アンサーと叫んでいたことがわかりました。ドコモじゃないんだから。ここに来るのが初めてなのは僕だけではありませんと言って、オリエンタルラジオを紹介します。この地味な予選にオリラジを呼ぶというのは頑張っています。今年は北東北にも来るようだし、ラルフがいない代わりにオリラジということか。
 オリラジが右松アナに「ラルフさんの後輩の割には、おなかがぷっくりしてますね」。右松「日本テレビのポニョと呼ばれています」。
 ここでいくつかのチームを紹介します。鹿児島の鳳凰高校は43チーム参加しています。○×クイズを1000問特訓したそうです。そして、ラ・サールの校長とクイズ研の後輩が優勝旗返還をします。3年生が優勝した場合、優勝旗返還は15回以降は校長がやっていましたが(それ以前は卒業した当人が来ることもあった。6回と7回の優勝校のみ、次の回に優勝旗返還をしていない)、後輩が加わるというのは史上初です。
 優勝旗を受け取った熊本県民テレビの専務取締役が、昨年の優勝チームのうち2人は東大に入って残りは神戸大医学部だと言っています。そういえば、私が着く前には崇城大学の学長もあいさつしていたようです。

 第1問が選ばれますが、またそれが出るのか。

|

« 28回関東大会(その12) | トップページ | 28回南九州大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42226982

この記事へのトラックバック一覧です: 28回南九州大会(その1):

« 28回関東大会(その12) | トップページ | 28回南九州大会(その2) »