« 28回南九州大会(その1) | トップページ | 28回南九州大会(その3) »

2008年8月22日 (金)

28回南九州大会(その2)

 伊良部秀輝が逮捕されてすぐ釈放されましたね。軽微な事件で争うようなこともなければ勾留請求せずに48時間以内に釈放するわけですが、曽根崎署から出てくる写真に写っている警察官を、私は見たことがある気がします。

 それでは南九州大会です。右松アナのしゃべりは、明らかに福澤時代のビデオを見るか本人に聞いて研究しています。福澤フレーズがそこかしこに登場します。「その握りこぶしに偽りはないか」とか「むだ毛の処理はばっちりですか。メイクのあんばいはどうでしょうか」とか。そして声も非常に福澤に似ています。舞台を見なければ福澤だと思います。

 第1問には100通を超える応募があって、その中から7問にしたそうです。「問題選んじゃうメリーゴーランド」が登場します。前の予選よりも電球を大きくしたそうです。中田が黄色い封筒を選びます。選ばれたのは、この会場に非常に近い場所の高校です。
 その問題は、上野の西郷隆盛の銅像に関するものです。一昨年に続いて南九州の第1問はこれなのか。雑学本などにもよく載っているネタです。移動音楽は、昨年と同じものに戻りました。今年は地区によって使われる移動音楽が3種類バラバラというのが特徴です。考える時間がかなり短い。簡単なのですぐ調べられると思ったのでしょうか。実際、圧倒的に一方の答えに偏っています。

 解答カードに穴を開けて確認する間に中田がしゃべります。「隣の人たちが不正をしていたらチクりましょう。不正をしていなくてもチクりましょう。今、たくさんの大人が君たちを疑っています」。
 正解発表は紙テープを発射させるものです。第1問を選ばれたチームがスイッチを押します。

 2問目は英語に関する問題ですが、今度も圧倒的に一方の答えが多い。○×コールを始めてから、穴を開けるのを忘れていて止めます。そして今度は少ない方が正解です。これは慎重に考えればわかると思うのですが、みんななんとなく感覚だけで動いたのではないでしょうか。
 3問目、これもクイズ的には有名な事実です。3問続けて同じ答えが圧倒的に多くなります。中田「右手と左手で交互にうちわを上げるとしびれません。上げている間に笑顔でいると、いい人だと思われます」。
 4問目、剣道に関する問題で、これは最近ニュースになりました。また圧倒的に一方の答えが多い。中田「隣のうちわを確認するふりをして、かっこいい男子を探しましょう。すきがあれば、シンキングタイム中にアドレスを聞きましょう」。

 4問終わって、例によって休憩になります。この後も○×はそういう問題なのか。

|

« 28回南九州大会(その1) | トップページ | 28回南九州大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42233991

この記事へのトラックバック一覧です: 28回南九州大会(その2):

« 28回南九州大会(その1) | トップページ | 28回南九州大会(その3) »