« 28回富士山大会(その2) | トップページ | 28回富士山大会(その3) »

2008年7月30日 (水)

宇部のスーパーウルトラ(その5)

 本日は高クイの北九州大会だったらしいですね。鈴木アナは前夜の「NEWS ZERO」に出ていました。つまり当日朝一番の飛行機で福岡に行ってそのまま司会をしたことになります。確か昨年の北九州大会もそうでしたね。それで、終わったらすぐに帰って今夜のZEROにも出るのかと思ったら、休んでいました。代わりに出ていたのは右松アナでした。鈴木アナがZEROに出るために高クイを休むときも高クイに出るためにZEROを休むときも代理は右松アナなのか。

 それではスーパーウルトラクイズです。○×クイズでの勝ち残り13チームと、敗者復活の1チーム目が決まりました。2チーム目を決めるのも同じジャンケンです。ジャンケンをするメンバーは先ほどと変えてもいいそうです。また2人ずつ組ませていますが、今度は抽選会のラルフのときみたいに、全員が司会者とジャンケンをして勝った人だけ残る方式にすればどうかと思うのですが。6回の対戦で1人に絞られました。勝った人は、ジャンケンに勝つ秘訣を聞かれて「ずっとパーを出すことです」と答えていました。

 最後の1チームは、宇部かまの社長が抽選で決めます。社長が「昨年ここで選ばれたのは、キャラクターのある女子高生チームでした。主催者冥利につきます」。なんか高校生クイズのスタッフみたいなことを言ってるな。別に誰に見せるものでもないのに。選ばれた人に「クイズは得意ですか」とインタビューしていますが、クイズが得意ならこんな敗者復活の前に勝ち残っていると思います。
 この会場での企画が終わった瞬間に、突然の大雨になりました。しかし10分ぐらいでやみました。

 この後、16チームから3チームにするクイズは、山口宇部空港の国際線ターミナルで14時から行われるそうです。ロビーでやるのかと思って行ってみたら、出国審査などをするエリアのようです。さすがの私でもこの壁の向こうへ入れるのかと思ったら、何の問題もありませんでした。おそらくこの空港の国際線設備はほとんど使われていないのでしょうから、実際は単なる空きスペースと考えた方がよさそうです。中から見える景色は、まさにアメリカ横断ウルトラクイズのジャンケンっぽい。窓に横断幕を張ると、昨年作った「2007」の上に「8」を貼ったのが透けてしまいます。

 この後いよいよ、決勝のクイズです。

|

« 28回富士山大会(その2) | トップページ | 28回富士山大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/42008944

この記事へのトラックバック一覧です: 宇部のスーパーウルトラ(その5):

« 28回富士山大会(その2) | トップページ | 28回富士山大会(その3) »