« 今年の高校生クイズ | トップページ | 28回南東北大会(その9) »

2008年7月23日 (水)

宇部のスーパーウルトラ(その2)

 第1回エコノミクス甲子園で優勝した人が、同じ年の高校生クイズで優勝しました。そして第2回エコノミクス甲子園の優勝チームが、今年の高校生クイズで全国大会に進出しています。ここが優勝すれば、エコノミクス甲子園の方が高校生クイズより上ということになるかもしれません。実際、高校生クイズの地区大会の決勝で、非常に難しい経済の問題に正解していました。エコノミクス甲子園で出たのと同じ問題だったからです。

 それではスーパーウルトラクイズです。予定時刻の11時ちょうどに開会セレモニーが始まります。今年は敗者復活戦を充実させて、さらに参加賞としてときわ公園の観覧車の無料券を渡すので、それで勝者を見送れと言っています。
 特別協賛の宇部かまの社長のあいさつがあります。かまぼこの会社です。このあたり、放送局の役員があいさつしてライオンの人が開会宣言する高校生クイズとまったく同じです。「来年はハワイ、再来年はカリフォルニアのつもりで」。しかしそれを実現させるためには、参加者が中元で宇部かまを買ってくれないといけないということです。そしてかまぼこについての話を始めます。これがクイズに出るそうです。いいかまぼこに必要なのは水、魚、塩ですが、塩については昨年の問題に出たので今年は出ないと言っています。ちなみに社長の妻も解答者として参加しているそうです。

 司会者としてFMきららのアナウンサー2人が登場します。確かに声は鍛えていますが、女性の方が「2008」を「ニ」にアクセントを置いて言うのが、ちゃんとした指導を受ける機会がないんだろうなと思ってしまいます。
 ルールが発表されます。○×クイズで13チームが勝ち残ります。そしてその後、敗者復活戦を3回やって、1チームずつ選びます。1回目と2回目はジャンケン、3回目は宇部かま社長による抽選です。
 サルとペリカンの着ぐるみの人がいて、スタッフだと思っていたら参加者なのでした。昨年もこれで出たそうです。高校生クイズ以上に思い入れのある人がいるのです。山口放送の番組から参加しているチームもいます。翌週から宇部について取り上げる番組が始まるそうです。

 ようやく第1問が出ます。その問題とは、今回の行き先の「夢と魔法の国」とは、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのことであるというものです。広告の中でなければ言ってもいいんかい! 当然、全員正解です。
 そして2問目、3問目とディズニーランドの問題が続きます。私には簡単でしたが、若い人は知らないようです。これで半分ずつに減っていくとは。
 この後、クイズマニアが本領発揮します。

|

« 今年の高校生クイズ | トップページ | 28回南東北大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41943311

この記事へのトラックバック一覧です: 宇部のスーパーウルトラ(その2):

« 今年の高校生クイズ | トップページ | 28回南東北大会(その9) »