« 28回沖縄大会(その10) | トップページ | 28回北陸大会(その1) »

2008年7月 4日 (金)

深夜の事前番組(その9)

 先日、「シャムロック」がレギュラー化されたら太田真一郎がいなくなったと書きましたが、第2回(正式には第3回だが、本来の第2回が地震で飛んで、まだ放送されていない)のビデオを見たら、太田の出題とナレーションが復活していました。菅谷アナは、「脳天イライラクイズ」に続いてまたも第1回だけの出題です。

 さて、一Q入魂の第5弾が放送されました。中田が「悲しいことにね、まだエントリーしてないヤツがいるんですよ」。それは「ジャガモンドですよ」。昨年の「ライブお笑い甲子園」で優勝した現役高校生コンビだそうです。テレビ電話をつなぎます。ネタを見た後、高校生クイズに出てくれと言いますが、2人は受験生で勉強がやばいと難色を示します。すると中田が「高校生クイズ出ると、彼女できるかもしれない」。即座に「出ます!」。藤森が「モテたいでけでしょ」。「モテたいだけです」。

 今回、中田が中京テレビに行きます。アナウンス部で、今年の高校生クイズ担当のアナウンサーを聞くと、中京テレビがつくったファッション雑誌が出てきます。我妻アナがモデルをやっています。本人は今、昼のニュースのために報道部にいるそうです。生放送中のスタジオに入り込みます。本番終了後、中田がキャスター席に座って「今入ってきたニュースです。オリエンタルラジオ藤森さん、渋谷で合コン三昧。関係者の悩みが絶えません」。画面に実際のニュースと同じ文字を出します。
 衣装の交渉をして、VTRが出ます。「おめざめワイド」です。いつの間にか、きくち教児がメインでなくなって、番組名から「教児の」がとれてたんですね。スタジオに入ってきた我妻アナは高校球児の格好で、帽子をとるとハゲヅラをかぶっていて頭に「参加」と書いてあります。

 「高校生クイズ青春白書」第5話。例によって3人が教室でクイズをやっています。それを見つめる女子生徒。かなりかわいい。もう一人が「マユミ、言いなって」。3人の方は「マユミがさ、新井のこと見てるんだよな」。問題に正解すると「ヨッシャー!」と大声で叫びます。それを見ているマユミ。そして「新井くん、ちょっと話があるんだけど」。あとの2人は教室を出て外からのぞきます。「がんばれよ」「そんなんじゃねえや」。そして新井が「話ってなんだ」。「あの…新井君…」。
 ここで、顔の悪い方の女子が割って入ります。「ああ、もう。あのさー、うるさいの! クイズの練習するんだったらもっと静かにやってよね! こっちは勉強してるんだから」「サチコ、言ってくれてありがとう」「さあ、続き続き」。画面には「恋もクイズも早とちりに注意」。

 CMが入って、「重大発表」は第1問募集に戻りました。これだけ何回もやっている以上、関東でも第1問は高校生が応募した問題になるということですよね。ということは、問題パネルを作ったりできないわけだから、今年は全員が西武ドームのグラウンドでスタートするのだろうか。おそらくそのくらいの人数しか来ないと思われるし。

|

« 28回沖縄大会(その10) | トップページ | 28回北陸大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41730177

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜の事前番組(その9):

« 28回沖縄大会(その10) | トップページ | 28回北陸大会(その1) »