« 宇部のスーパーウルトラ(その2) | トップページ | 宇部のスーパーウルトラ(その3) »

2008年7月24日 (木)

28回南東北大会(その9)

 この前の日曜日の「たかじんのそこまで言って委員会」で、パネラーに対して、いったいいつまで続くのかと思うことという質問が出ました。南美希子の答えが「クイズ番組」。各局が異常な数のクイズ番組を放送しているのをなんとかしてほしいということです。「ロザン宇治原の本職はいったい何なのか(本人いわく、収入の9割がクイズ番組だそうだが)」。そして、子どもはこのようなクイズ番組に出ている人たちを頭がいいと思っているが、「本当に頭のいい人が、キャスター就任1日目にラブホテルに行きますか」。う~ん、名言だなあ。

 それでは南東北大会です。5問終わって得点は2、1、1です。この後、2ポイントの男子が正解して、1ポイントの女子も正解します。「いないって言ってるでしょうが」の太った人は、また一瞬で早押し機を反応させました。このときのお題は「今一番欲しいもの」で、「こづかい」。先月と先々月の分をもらっていないそうです。9問目、お題は「今一番歌いたい歌」ですが、誰も答えません。すると同じお題で10問目になりますが、今度は大声を出すときにマイクを手で持ったというのでノーカウント。次の問題で、「ポルノ!」と絶叫します。

 お題のパネルが全部開いてしまって、内容を取り替えています。5ポイント先取なのにパネルが10枚しかないというのがおかしいと思うのですが。パネルができてから誰かが急に「5ポイントにする」と言い出したのかもしれません。
 14問目で男子2チームが4ポイントで並びました。15問目のお題が2回目の「好きな子の名前」です。ここで出た問題の正解は「ネーミングライツ」ですが、「命名権」と答えます。それでも正解なので、これで決定しますが、なんかすっきりしません。

 最後は宮城の決勝です。1チーム目は女子が1人の男女混成です。女子に、チームメイトのどちらかを選ばなければならないとすればどちらにするかと聞きます。選ばれなかった方の男子が崩れ落ちます。なんか本当にショックを受けたようで、チームが危険な状態になります。オリラジが「ここでビシッと決勝頑張れば変わるかもしれないよ」というと、急に立ち直って「よし!」。同じ学校がもう1チームいます。「さっきのやりとり見ててどうだった」「ドンマイ」。

 この後、観客から爆弾発言が。

|

« 宇部のスーパーウルトラ(その2) | トップページ | 宇部のスーパーウルトラ(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41953422

この記事へのトラックバック一覧です: 28回南東北大会(その9):

« 宇部のスーパーウルトラ(その2) | トップページ | 宇部のスーパーウルトラ(その3) »