« 28回南東北大会(その4) | トップページ | 28回南東北大会(その6) »

2008年7月16日 (水)

28回南東北大会(その5)

 月曜日にTBSラジオの「ストリーム」を聞いていたら、鈴木亜美の「ONE」についてやっていました。中田ヤスタカという人がプロデュースしたそうです。この人はPerfumeで知られていて、確かに次にかかったPerfumeの新曲と非常に似ています。しかし高校生クイズのことについては一切語られませんでした。このコーナーではかつて、ロードオブメジャーの曲を取り上げたとき、松本ともこが「高校生クイズのテーマ曲だそうです」と言ったら、小西克哉が高校生クイズという番組をまったく知らなかったのでした。月曜の番組ではアメリカのおバカクイズについて取り上げていて、それはポッドキャストでも聞けます。あと、愛知のマウスパッド投げ大会についても取り上げていて、夜の「オジサンズ11」とかぶっていました。

 それでは南東北大会です。五感クイズは北陸でも用意されていましたが、大雨のため中止になったようです。このクイズ、5問とも正解するのは並大抵ではありません。最初に解答を鈴木アナに見せにくるチームが出るまでに7分かかりました。正解はまったく出ません。これでは、チームによってペーパーの解答時間が変わるというような問題ではありません。完全に企画が失敗しているではないか。
 とくに「視覚」が難しいようで、トップの周りに全員が集まっています。開始13分後にようやく正解チームが出ました。なんと、第1問が選ばれたチームです。しかし2チーム目の正解が出るのは18分後です。21分後に、「思いのほかできませんので、残り3分にします」と発表されます。結局、正解したのは6チームだけ。全チームにこれから15分の解答時間が与えられることになりました。
 五感クイズの正解がすべて発表されました。これは、ネットに流されても毎回違う問題を出すという意思表示ではないでしょうか。

 ペーパークイズ中に椅子が出てきて、オリラジのしゃべりの収録が始まりました。今度の一Q入魂で使うようです。まずは沖縄の決勝で負けた、声のいいチームの話をしています。続いてイケメンリーダーについて。資料によると、今まで女子にふられたことがないそうです。そして今年のチームは、あとの2人を学年一番の頭脳などにしたらしい。福井のジャグリングのチームの話をしている最中に、後方でジャグリングをしている人がいることに気づきます。「福井の山田くん、ここに来てる?」
 「南東北大会と富士山大会をご覧いただきましょう」といったフリや、インターネット特別大会にはまだ間に合うといったコメントをとっています。
 この間、鈴木アナと外賀アナは会場の隅でサインなどしています。

 結果発表で、意外なところが勝ち残ります。

|

« 28回南東北大会(その4) | トップページ | 28回南東北大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41848387

この記事へのトラックバック一覧です: 28回南東北大会(その5):

« 28回南東北大会(その4) | トップページ | 28回南東北大会(その6) »