« 28回南東北大会(その9) | トップページ | 28回南東北大会(その10) »

2008年7月25日 (金)

宇部のスーパーウルトラ(その3)

 ちょっとした用事で熊本の方に行ってきたのですが、帰るのが午前0時台になります。「ナニコレ珍百景」が見られません。0時半ごろから朝日放送でやるのをロケーションフリーで見ればいいか。と思ったら、その瞬間に地震が起きて番組が飛びました。いろいろ報道があった後、かなり遅れて続きをやりましたが、また報道が始まって、結局最後までは放送できなかったと思います。以前、「プロジェクトX」のある回を、本放送のときは都合が悪いので深夜の再放送で見ようとしたら、そのときにズバリ西鉄バスジャックが起きて、二度と見られなくなったことがあります。まあ、このときの教訓から、ナニコレは東京でビデオにとっていたんですけどね。今回はクイズと何の関係もない話でした。

 それではスーパーウルトラクイズです。このクイズには顔を出さない「ものしり博士」という人がいて、その人が解説と正解を発表します。4問目は山口国体のキャラクターで、全チーム正解です。会場でこのキャラクターのうちわを配っているのですから当然です。5問目で、かまぼこの問題が出ました。しかしこれは宇部かまの社長は話していなかったと思います。生活実感のある年配の人が知っていそうで、むしろクイズ研はだめでしょう。正解の方がやや多い。

 6問目、北京オリンピックです。時事問題なので、1チームしか間違えません。続く7問目もオリンピックですが、これは昨年の高校生クイズ全国大会で出ていたではないか! ここでクイズマニアたちが、わざと制限時間ギリギリまで不正解側にいて、最後の締め切りのところで移ります。この問題で7チームが決定しました。クイズマニアのチームは広島と神戸から来ていて、熊本の人もいます。そしてインタビューで「なんかのクイズ番組の過去問じゃないかな」と言っています。わざとぼやかしているのです。

 次はパンダの問題。これもどこかのクイズ番組で見た気がします。昔と答えが変わったのではなかったっけ。これで正解したのが1チームだけです。勝ったチームは「予習してきました」と言っています。
 9問目は飛行機に関する問題で1チームだけ不正解。10問目。「昨年の大みそか、宇部市では第九を合唱してカウントダウンしましたが、第九を作曲したベートーベンのお父さんの職業は大工だった」。これは非常にいい問題です。というか、問題全部がしっかりしていて、素人が作ったのではないような感じです。高校生クイズの問題を作っている会社がこういうのも請け負っているとか。

 次回、問題はまだまだ続きます。

|

« 28回南東北大会(その9) | トップページ | 28回南東北大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41962802

この記事へのトラックバック一覧です: 宇部のスーパーウルトラ(その3):

« 28回南東北大会(その9) | トップページ | 28回南東北大会(その10) »