« 28回南東北大会(その8) | トップページ | 宇部のスーパーウルトラ(その2) »

2008年7月22日 (火)

今年の高校生クイズ

 今年の高校生クイズ関東大会の決勝は、問題のレベルが異常に高い。私自身はだいたい答えられましたが、あの段階では押せません。そもそも、各県の一番の進学校に通っているくらいの人でないと知らないような知識ばかりです。中には「史上最強のクイズ王決定戦」の「カプセルクイズ」と同じ問題も出ていました。そんな問題にバンバン答える高校生。鈴木アナがノーカットで放送すべきだと言ったくらいの盛り上がり方です(でも一切放送されないのだろうが)。ここに、今年の高校生クイズをどのような番組にしようとしているかが表れています。

 ○×クイズといえば間違えれば失格なのは常識ですが、今年は全参加者が7問答えられて、正解数の上位から勝ち残るようになっています。それも、例えば7問正解では定員に達せずに、6問正解まで数えたら定員を大きく上回ったとしても、同点決勝をやることなく全部のチームを通過させます。関東ではこれによって、200チーム以上勝ち残りました。

 そして敗者復活戦です。昔は敗者復活戦といえば完全におまけで、まったくの運だけのゲームをやって、しかも敗者復活チームがその後勝てないようにするためのハンデまでありました。ところが26回以降、敗者復活戦は全敗者がもう一度まともなクイズに挑戦できるチャンスということになっています。特に今年の関東大会の場合、○×クイズで4問以上正解したチームはすべて参加できて(1000チームぐらいいたのではないか)、5ポイント先取の三択クイズで50チームも復活できます。スタッフにとっては恐ろしいくらいの手間です。

 つまり、今年の地区大会は、クイズができるけどたまたま運がなくて負けたというチームがないようにしているのです。そのうえで次はペーパークイズです。ここで勉強そのもの非常に難しい問題を出します。そして関東の場合、300チーム近くを採点して(スタッフにそんな物理的能力があるとは思わなかった)、各都県5チームだけが選ばれます。まさにFNSクイズ王のようです。私は、今年の地区大会の本質はペーパークイズだと考えています。本来ならペーパークイズだけでいいのだが、テレビ番組として成立させるために前後に○×と早押しを入れているのです。

 結局今年は、徹底的にクイズをやっているチームしか残れないような仕組みになっています。そして、決勝の早押しクイズは5ポイント先取になりました。これによって、勢いではなく本当にクイズの平均的な実力が高いチームを残そうとしているのです。実際、ここまででも、3ポイント先取なら負けていたが5ポイント先取なので勝ったというチームがいくつも現れています。

 ここまでで18チームの代表が決まりましたが、女子は1チームしかいません(しかもその地方で一番の進学校)。今年はテレビ的に女子を残すのではなく、クイズのできないチームはいらないということでしょう。23回や24回の本質が、放送されないクイズと無関係なゲームで、これによってクイズではなくキャラクターだけを求めて代表を決めたのとあまりに対照的です。鹿児島は鳳凰がリベンジで50チームぐらい参加するらしいが、決勝がラ・サールだけになる可能性はかなりあるでしょうし、奈良の代表は100%東大寺学園になると思われます。

 なぜこうなったかというと、昨年まで高校生クイズはテレビのバラエティ番組でしたが、ここまで視聴率が取れなくなってくると、そういうのは捨てて、他の「全国高等学校○○選手権」というスポーツイベントと同じように、本当に全国で一番クイズのできる高校生を見つける企画に変わったということだと思います。
 おそらく今年の番組のキャッチフレーズは「おバカばかりの世の中、こんなに頭のいい高校生を見てください」といった感じになるのではないでしょうか。過去の全国大会でいうと、15回がクイズ王決定戦みたいでしたが、それでも笑福亭笑瓶のフライング地獄のような、バラエティの要素がありました。今年は、延々と普通の早押しクイズを繰り返したり、筆記クイズとかの、非常に地味な番組になるのではないでしょうか。もはや一般家庭を意識したような視聴率狙いは考えていないと思います。

|

« 28回南東北大会(その8) | トップページ | 宇部のスーパーウルトラ(その2) »

コメント

22回なんかは舞台が海外というだけで結構クイズクイズしてたと思うのですが(それであの視聴率でしたが)、どうなんでしょうね。

私個人としては、今年の地区予選決勝が5ポイント先取になったのは、地区大会の決勝を全国の番組に組み入れるためではないかと思っています。いろいろな人が全国の1回戦で落とし過ぎという意見を表明していますが、今年はいつも通りに15チームぐらいにする代わり、全国の最初に大きく時間を割いて地区大会の決勝を流すのではないでしょうか。
そうすれば、全国大会が形式的にシンプルになるであろう分を、地区大会のいろいろな形式を流すことで埋め合わせることができますし。

投稿: C-YAN | 2008年7月23日 (水) 00時46分

>>全国の最初に大きく時間を割いて地区大会の決勝を流すのではないでしょうか。

何かそうなりそうな感じですね。
あまり地方大会の段階からハイレベルだと、今度は参加者が今以上に激減する事態になりかねない気がします。

来年以降も試行錯誤が続きそうな予感がしますが、「高校生クイズまだ続いてたんだ」とか言われないようにしてもらいたいものです。

投稿: | 2008年8月24日 (日) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41930136

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の高校生クイズ:

« 28回南東北大会(その8) | トップページ | 宇部のスーパーウルトラ(その2) »