« 28回富士山大会(その1) | トップページ | 28回富士山大会(その2) »

2008年7月28日 (月)

宇部のスーパーウルトラ(その4)

 すっかり実力主義になっている今年の高校生クイズですが、ある地区では昨年の代表チームと一昨年の代表チームと昨年のスーパーオリラジチャンスのチームが勝ち残りました。さらにもう1チーム、昨年の代表が残っていたのですが、これは昨年決勝で負けたチームに雪辱を果たされました。2年連続、決勝で負けたチームもいます。運の要素がなくなってくると、勝つチームに再現性が出てくるということですね。昔は全国大会に2回出るというのは極めて珍しくて、14回までで3チームしかいなかったのですが、スーパー八木橋のころから急激に増えてきました。これにはもちろん、参加者激減もかかわっています。

 それではスーパーウルトラです。11問目。「ときわ公園は桜の名所百選に選ばれていますが、桜の花言葉は上品・忍耐・忠実である」。前回、この大会の問題は非常にしっかりしていると書きましたが、これはあまりいい問題ではありません。不正解が4チームだけでした。メイドのコスプレのチームが落ちます。
 次の12問目は理科の勉強の問題で、つい先日、「プレッシャーSTUDY」でも見ました。しかしこれが全チーム不正解。意外にできません。13問目は夏の甲子園に関する問題で、クイズでは比較的よく出されます。これで4チームが決定しました。勝ち残った中には、北九州市から来て、昨年は東京まで行った人がいます。

 ここまでに12チームが決定して、残り枠は1チームです。今の問題で間違えたのは5チーム。今や高校生クイズはこういう状態で「全チーム勝ち抜け決定!」と言いますが、このイベントはあくまで最後の1チームを○×クイズで決めます。
 14問目、10円玉の表に関する超定番問題で、全チーム正解。15問目は「ふるさと納税」についてで、これはいい問題です。なんとなくニュースを見ているだけではできませんから。3チームが残りました。
 そして16問目で突然、かまぼこの問題が出ます。これも宇部かまの社長は話していませんでした。ただ、素人が作るならこの問題をこちらの答えにはできないと思います。その点でも、この企画にはかなりしっかりしたクイズ制作者が入っています。全チーム不正解でした。
 17問目、ドラえもんの問題です。どこかで聞いたことがありますが、こういうのには強くて全員正解です。次の18問目。政令指定都市についてで2対1に分かれます。そして1チームの方が正解で、ようやく決定しました。

 続いて敗者復活戦です。チームの代表者を前に集めて、2人ずつ組ませてジャンケンをします。奇数で余った場合は主催者側が相手になります。5回ほどやって、最後は3人でジャンケンして、1チーム目の復活が決まりました。
 この後、決勝会場に入れるのか。

|

« 28回富士山大会(その1) | トップページ | 28回富士山大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41990268

この記事へのトラックバック一覧です: 宇部のスーパーウルトラ(その4):

» 東京見物その3 [Information from here!]
東京見物シリーズですが いよいよ最終回です(^_-)☆ 前回は 表参道ヒルズまで書きましたが そこから一気に 浅草に行きました ホントは 表参道の前に 六本木→表参道→渋谷→池袋と行きたかったのですが 時間的に(体力的にも…)キツくなってきたので カットしちゃいました(T_T) 一番上の写真 皆さんもご存知かと思いますが ビルの上にのっている 健康的なう○こみた�... [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 16時46分

« 28回富士山大会(その1) | トップページ | 28回富士山大会(その2) »