« 各局が番組づくりに苦労 | トップページ | 28回北陸大会(その6) »

2008年7月10日 (木)

28回北陸大会(その5)

 先日、「未来創造堂」で、エド・はるみの手帳へのこだわりについてやっていました。非常に細かくスケジュールが書いてある中で、(クイズ番組の対策で)「小中学校のドリルを買う」というのがありました。芸能人はクイズブームに乗るためにそんなこともやってるんですね。

 それでは北陸大会です。ペーパークイズをやっている最中に、他の人から、船に乗るという情報が入ってきました。この朱鷺メッセからは、信濃川をさかのぼる水上バスが出ています。となると、新潟ふるさと村へ行く可能性が高い。いかにも決勝をやりそうな場所です。ただ、途中の新潟県庁で降りる可能性がないわけでもない。過去に新潟県庁のところでクイズをやったことがあるし。

 先回りするかといったことを判断しなければなりません。とりあえず、船の乗り場に行ってみました。すると、船の中に太鼓が3つ置いてあります。明らかに決勝のクイズで使うものです。そして船自体に「高校生クイズ決勝会場」と書いてあります。
 つまり、船に乗って決勝会場へ向かうのではなく、船の中で決勝をやることがわかりました。我々が見られない場所で決勝をやるのは25回沖縄以来。船の中ということでいえば、21回近畿以来です。

 ペーパークイズの結果発表まで1時間以上待ちました。14時15分ごろ、船の前にブーブーゲートが設置されています。今回、最初からゲートに乗った状態で、学校名などを言います。おそらく雨ですべるおそれがあるからでしょう。
 福井は14チームいます。この中で決勝に進めるのは3チームだけ。この地区では、ゲートに乗る順番が最初から決まっています。なかなか合格が出ません。8チーム目で、ジャグリングのチームが合格しました。そして同じ学校が続けて合格です。さらに、昨年の代表チームが合格しました。一方で、一昨年の代表は不合格です。

 このあと、あの人が再び出てきました。それは次回。

|

« 各局が番組づくりに苦労 | トップページ | 28回北陸大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41792552

この記事へのトラックバック一覧です: 28回北陸大会(その5):

» 沖縄リゾートバイト [沖縄リゾートバイト]
夏休みに海の綺麗な沖縄へ旅行しようと考える人はたくさんいますが・・・ [続きを読む]

受信: 2008年7月11日 (金) 13時18分

« 各局が番組づくりに苦労 | トップページ | 28回北陸大会(その6) »