« 28回南東北大会(その10) | トップページ | 宇部のスーパーウルトラ(その4) »

2008年7月27日 (日)

28回富士山大会(その1)

 エコノミクス甲子園で優勝したチームが高校生クイズの地区大会で代表になりましたが、2位だったチームは地区大会決勝で敗れました。その代わり、そのチームとともにエコノミクスの全国大会に出た同じ学校の方が雪辱を果たしました。高校生クイズがエコノミクス甲子園の続きみたいになっています。そういえばミクシィのエコノミクス甲子園主催者の日記で、事務局前で高校生クイズの機材輸送トラック(今年は巨大なオリラジとラルフの顔写真がついている)を見たことを書いていました。よりによってそんなところを通るか。

 それでは7月13日の富士山大会です。会場は昨年と同じ、清水港線跡地の清水マリンパークです。会場に向かう沿道には、アルバイトが案内看板を持って立っていますが、そこには「静岡第一テレビ・山梨放送」と書いてあります。予選で会場のあるところ以外の放送局名が表示されるというのは、昨年と今年の富士山大会以外には1度もありません。この予選が2局共催という非常に特殊な形をとっているのがわかります。
 そして昨年同様、静岡第一テレビの伊藤アナと山梨放送の桜井アナが2人で舞台に上がります。去年決勝で負けた富士高校を舞台に上げます。全国放送のオープニングで「早稲田実業」「どんだけ~」という珍答が流れたチームです。そして山梨の決勝で負けた甲府南も呼びました。今は地区大会の決勝に残ればライオンぬいぐるみがもらえるらしい。以前は県代表になったチームだけでしたし、初期(6回以降)にもらえるのはぬいぐるみではなく毎回デザインの違うカバンでした。

 前日は静岡県で全国最高気温を記録して、今日も非常に暑い。まず静岡第一テレビの常務取締役があいさつして、ライオンの東海チェーン統括が開会宣言します。この人も静岡出身だそうです。「皆さん、ちゃんと歯みがきしてますか」。

 11時過ぎに鈴木アナが登場します。第1問には150以上の応募があって、8問に絞ったそうです。ここまでの予選で封筒を青、黄と選んできましたが、今回は「NEWS ZERO」の曲を歌って緑を選びます。またしてもオリンピックの問題です。ここまで4地区中3地区がオリンピック。この問題は過去に出ていなかったっけ。ユニバーシアードで同じパターンの問題が、橋下徹の出た4回近畿の第1問になっています。
 この後、セットは本当はそうなっているのがわかってしまいます。

|

« 28回南東北大会(その10) | トップページ | 宇部のスーパーウルトラ(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41979637

この記事へのトラックバック一覧です: 28回富士山大会(その1):

« 28回南東北大会(その10) | トップページ | 宇部のスーパーウルトラ(その4) »