« 27回全国大会(その7) | トップページ | 深夜の事前番組(その8) »

2008年6月20日 (金)

深夜の事前番組(その7)

 前回書いた「珍スクープ大賞」ですが、「ナニコレ珍百景」と8つもネタが重なっていました。他にもルー列島で見たネタやケンミンSHOWで見たネタや、そもそもいろいろな番組で取り上げられまくっているネタもありました。サイコロで給料が決まる会社って、大した原資がかかっていないのにあれが取材されるおかげで莫大な広告効果を得ています。制作側も開き直ったのか、画面のバックの模様をナニコレとそっくりにしたり、ナニコレで「登録決定」と言うときのBGMをわざわざ入れたりしていました。

 さて、先ほど「一Q入魂」の4回目が放送されました。スタッフルームに置いてある解答席に、小麦粉が積んであります。中田が藤森に「これは何かわかりますか」。そして、20回四国のうどんクイズのVTRが流れます。この回の四国の番組のオープニングが出て、クイズ自体のVTRは全国放送のものでした。続いては、8回北陸の太鼓クイズです。このクイズも全国放送で使われているにもかかわらず、こちらは全部が北陸の番組の映像です。当ブログをずっと読んでいる人は知っていると思いますが、私がこれまでに見た予選の番組でもっともできが悪かったのは8回北陸です。「これは家庭用ビデオか!」と書いたのを覚えているでしょう。全国大会進出が決まったのに何の音も入らず、画面全体に普通の中ゴシックで「○○高校全国大会進出」という白い字が出るだけというのがそのまま放送されていました。

 続いて、16回でやった「ミス高校生クイズ」です。事前番組で、クイズとは関係なく、各地区でスタッフが勝手に「ミス」を決めて、番組ホームページにも、クイズの代表チームと同じレベルで掲載されていました。その中になんとこんな人がいたとして、丸亀高校の女子チームの映像が出ます。見た瞬間に誰だかわかります。中野美奈子ではないか! こんなすごいネタが2008年になるまで出てこないというのはどういうことだ。当時、日本テレビが名前をテロップで出して、ナレーションでも「美奈子さん」と言っているのに、誰も気づいていなかったのか。私も16回の事前番組のビデオを見返したりしないので気づかなかったわけですが。

 今回は藤森がテレビ新潟に行きます。テレビ新潟で取り上げる番組といえば当然、「夕方ワイド 新潟一番」です。まずは受付のところで藤森が高校生クイズのポスターを「ごくせん」のポスターの上に張ろうとして、受付嬢に全力で止められます。すごく低いところにしか張らせてもらえません。
 新潟一番の本番前のスタジオに入り込んで、FAX募集のパネルを高校生クイズ出場者募集に変えたり、そこらじゅうに番組ポスターを張ったりします。そして女子アナを求めて報道制作局へ。一押しの人が不在なので、その人の机を勝手にあさります。すると突然、ある人が殴りかからんばかりに現れます。これが諸橋アナです。はっきり言って太っています。よくアナウンサー試験に合格したものです。外見だけでなく、若い女子アナのイメージとかなり違います。それについては次回。

|

« 27回全国大会(その7) | トップページ | 深夜の事前番組(その8) »

コメント

他局パクるならまだしも、300本のピン並べてボウリングなんていうネタは、そもそも同じ日テレでやっていた「ワールド・レコーズ」という番組がきっかけで始めたことだったりする訳で(笑)

番組であのボウリング場を借りて300本ボウリングをやったところ、自分もやってみたいという視聴者の声が多くて、番組打ち切られた後も、あのボウリング場で独自に300本ボウリングをやっているという、そんな流れです

投稿: | 2008年6月20日 (金) 03時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41585853

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜の事前番組(その7):

« 27回全国大会(その7) | トップページ | 深夜の事前番組(その8) »