« 28回沖縄大会(その1) | トップページ | 28回沖縄大会(その3) »

2008年6月24日 (火)

28回沖縄大会(その2)

 前回の2ちゃんねるの文を書いた本人が、ブログでそのことを表明していました。私が普段読んでいるブログではないか(「脳天イライラクイズ」が2カ月限定という情報はここで見た)。そういえば、大阪駅の通り魔が逮捕されましたが、今、曽根崎警察の留置場にいるということですね(まだ取り調べしてるか)。なつかしいあの光景。ちなみに曽根崎署の留置場内では、女の勾留者も同じところにいるにもかかわらず、絶対に男に見せないようになっています(移動するたびに男の方に全部目隠しするとか)。

 それでは沖縄大会です。10時20分ごろに沖縄テレビのアナウンサーの声が聞こえます。昨年、札幌テレビの福永アナがいなくなって、福澤時代から残っていた唯一の人だった古川アナではなくなりました。「八重山高校出身、三好ジェームスです」。今、葉山みゆきが急に葉山エレーヌになったり、加藤シルビアとか、カタカナの名前の人を採用するのがはやっていますが(どういう人を採ったらいいかわからないから、そういう出自ですぐに目立つ人を採用してみているのだろう)、それがこんな地域にも波及してるんですね。そういえば、ミドルネームがラルフとかいうクイズ番組の司会者もいました。

 この時点で、携帯電話禁止の通達があります。考えてみれば、第1問に選ばれたチームの知り合いなら、その人に電話することができますからね。そして沖縄大会の番組は8月中旬以降、全国大会は9月上旬に放送とだけ発表されます。
 ここでスタッフTシャツの抽選があります。参加証を出してと言うと、高校生が一斉にその場を離れて取りに行きます。沖縄の高校生は、絶対に参加証を携帯しません。だから持たせるために最初に抽選をやるのはいいことかもしれません。

 あいさつをする沖縄テレビの偉い人が準備ができていないらしく、三好アナが時間稼ぎをさせられています。ずっとあおりをやり続けます。専務のあいさつのあと、スタッフが出てきて、○×は全員が7問答えるということを事前に言います。ライオンの九州エリア統括の人が、ライオンぬいぐるみとともに登場します。

 10時45分ごろに鈴木アナの声がしました。「沖縄の高校生、レッツ、ファイティン、グ~」。そして海からジェットスキーで登場します。ここで高校生をあおって「叫べ!パワ」と言ったところで、なんと鈴木アナが水中に落ちます。わざとやっているのかとも思ったのですが、音声がブツッと切れて、マイクも水につかったようなので、本当にハプニングでしょう。
 次回いよいよ、第1問新企画です。

|

« 28回沖縄大会(その1) | トップページ | 28回沖縄大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41628175

この記事へのトラックバック一覧です: 28回沖縄大会(その2):

« 28回沖縄大会(その1) | トップページ | 28回沖縄大会(その3) »