« 27回全国大会(その8) | トップページ | 28回沖縄大会(その2) »

2008年6月23日 (月)

28回沖縄大会(その1)

 2ちゃんねるで今年の高校生クイズのスレッドができていないかと思って見たら、こんな書き込みがありました。事前番組の放送時間がネット上で間違っているという話の流れです。

----(ここから)----

132 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で:2008/06/13(金) 06:28:50 ID:NPr6Adk7O
>>131
高校生クイズWebなんちゃらのほうが事前番組情報は使えるぞ。
管理人の言葉使いは気に食わんが。

134 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で:2008/06/13(金) 14:30:43 ID:XsrFvPpn0
>>131
把握
前やった予備校の奴の時差ネットね
第2弾→第1弾(予備校)の順に流すわ、しかも1日にまとめて流すわの中京テレビよりはマシだからw
>>132
いつまでも捕まったことや17回をネチネチ言ったり、ダラダラとblogを引き延ばしている大前よりは・・・

----(ここまで)----

 この文を書けるということは、大前のブログが嫌いなのにずっと読み続けてくれているということですよね。普通、2ちゃんねるに書く人は、メディアが自分の不祥事を報じないことを批判するものですが、自分の不祥事にずっと目を向けていることに文句がつくとは珍しい。それにしても17回は最低です。
 ところで、この人の書いている「第2弾→第1弾(予備校)の順に流すわ、しかも1日にまとめて流すわの中京テレビ」は完全な誤情報です。次の土曜日の昼に第2弾の放送はありません。

 それでは、これから1年かけて書く、28回予選リポートの始まりです。6月22日朝、那覇バスターミナルから知念へ向かいます。沖縄大会の会場のあざまサンサンビーチへ向けて、安座間サンサンビーチ入口で降ります。公式ページには知念海洋レジャーセンターが最寄りと書いてありますが、どちらで降りるかいつも迷うところです。
 そして今回、バスが目的地に着くまでの間に高校生を1人も見かけませんでした。あそこに向かうバスは1時間に1本ぐらいしかないので、これに乗っていなければおかしいのですが。本当に参加者がいるのだろうか。

 会場に着くと、番組名を書いたゲートがあるので、予選があることはわかります。今年のスタッフTシャツには、QRコードが描かれています。おそらく番組ホームページでしょう。高校生は「一Q入魂!」と書かれたタオルをもらっています。しかし、もう一つ持っているものを見て、重大なことがわかりました。
 うちわが配られています。片方の面が青くて○と書いてあって、もう一方の面は赤くて×です。そして、それぞれについて、くりぬいて穴を開ける切り込みが7カ所設けられています。つまり、19回で配られたのと同じものです。
 要するに、今年の○×クイズは全員が7問答えて、正解数の上位チームから勝ち残るというルールなのが明らかです。これはおそらく、第1問が参加者の作る問題なので、サドンデスにして、(スタッフが公正を考えて用意したものではなく)特定の他の出場チームによって勝利の道が閉ざされるのは禍根を残すということなのではないでしょうか。また、参加者が非常に減っている昨今、1問で決定というような事態を避けることもできます。参加者の多い県でも、全員に答えさせて順位づけできるぐらいのチーム数しか来ません。一発勝負でないために、クイズの地力があるクイズ研が有利になると思われます。

 参加者は意外に多い。その中に「アタックの白さ」と書かれているTシャツを着ているチームがあります。ライオンスペシャルでは絶対に映せません。
 この後、変わった名前の人が登場します。それは次回。

|

« 27回全国大会(その8) | トップページ | 28回沖縄大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41618989

この記事へのトラックバック一覧です: 28回沖縄大会(その1):

« 27回全国大会(その8) | トップページ | 28回沖縄大会(その2) »