« 27回南東北大会(その1) | トップページ | 深夜と同じ事前番組(その1) »

2008年5月24日 (土)

27回南東北大会(その2)

 昨夜、NHKの「MUSIC JAPAN」に「ラクダとカッパ」が出ていました。ヘキサゴンで初めて紹介されたのは1週間前だよな。もうNHKで宣伝するのか。出す方も出す方です。「クイズ番組で紳助さんが」と言っていました。

 それでは南東北大会です。私の方が5年も早く知り合っているのだから圧倒的に有利だったのに動かなかったのは、幸せにする自信がなかったから。そして実際にその通りであったことを日本中の人がわかるような状態になったわけです。
 今日は非常に暑い。3日前まで外の空気に一切触れていなかっただけに、ひときわきつい。会場の七北田公園は、間もなく開始なのに人影がまばらです。暑いのでどこかに避難しているのです。10時20分ごろに柳瀬アナが出てきます。全国の放送日よりも南東北大会の放送日を言った方が盛り上がります。早速、抽選会をやりますが、なぜか柳瀬アナが抽選券を持っています。すでに落としたチームがいて、こちらに届いているのです。開幕前の抽選会はオリラジサイン入りTシャツですが、この地区では緊急にプレゼント追加と言ってライオン製品の抽選もやります。

 会場を見回すと、明らかに決勝のセットと思われるものがあります。仙台での予選で移動がないのは珍しい。17、18、23、24回を除いて必ず移動するのは中国大会だけになりました。
 ミヤギテレビの務台社長があいさつします。務台って、いかにも読売系列ですね。「山形放送、福島中央テレビ、ミヤギテレビ3社を代表してあいさつします」と言います。そして「ライオンさんのおかげで今でも続いてますけれど」。さらに、北東北では定時制の25歳が勝ったと言って、「楽天も最下位を脱出します。仙台育英も今日は勝つ」。

 今回も、実質的なクイズの話を書けなかった。

|

« 27回南東北大会(その1) | トップページ | 深夜と同じ事前番組(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41299894

この記事へのトラックバック一覧です: 27回南東北大会(その2):

« 27回南東北大会(その1) | トップページ | 深夜と同じ事前番組(その1) »