« NHKの細かすぎる話 | トップページ | 27回北東北大会(その3) »

2008年5月 8日 (木)

紳助アタック25

 「JAPANナビゲーション」が総合テレビで再放送されると書きましたが、番組が始まる瞬間に緊急地震速報が出て、震度5弱の地震が起きました。小野アナが「これは文字情報をなくした地図です」と言っただけで番組がぶっ飛びました。2時22分になって「JAPANナビゲーションは日をあらためて放送します。ご了承ください」というテロップが出ました。第2弾より前に放送できるのだろうか。

 さて、朝日放送が新社屋に移転したのを記念して、5月6日に4時間にわたる番組対抗クイズが行われました。9番組が出て、最初の3時間の各番組からのクイズで4チームに絞られます。そして決勝が島田紳助司会の「アタック25」です。これと同じ企画が開局55周年だった2006年3月にも放送されました。その内容についてはここに出ています。

 紳助は番組全体のオープニングにも出て、2年目の女子アナに、受験して落ちた局はどこかと聞きました。その後、アタック25まで出てきません。
 アタック25のオープニングで沢木美佳子がいきなり言い間違えます。通常放送なら収録し直すのでしょうが、これを紳助がネタにしないわけがありません。そして、「沢木さん。久しぶりに会いましたが、老けましたなあ」。
 優勝してさらにVTRクイズにも正解すると、100万円を獲得できます。「探偵!ナイトスクープ」のチームが、100万円取ったら「はせ川」(紳助の店)で全部使うと言ったところ、紳助が他チームに対して露骨に嫌がらせをします。おそらく、どこかのチームをえこひいきするという演出を事前に決めていたのでしょう。「公平を求めるんなら児玉さんを呼べ」。ただ、アタック25のルールを曲げることはしません。この点が、「ブラマヨ最強宣言」でルールをめちゃくちゃにしたのとは違います。おもしろいことに、今回の解答者の中にブラックマヨネーズがいて、紳助の司会ぶりに抗議しているのです。

 結局、優勝したのは「ビーバップ!ハイヒール」でした。ハイヒールモモコは素人の時代に、大阪の上六で「おー、紳助やないか。吉本に入れてくれや」などと言ってきたそうです。数年後、本当に吉本に入ることになって紳助にあいさつに来て、「おまえはあのときの!」と言ったら「覚えてらっしゃいましたか」。

 前回のVTRクイズは引っかけの要素があって、かなりしっかりした知識がないと正解できないようになっていましたが、今回は紳助が驚くほど簡単な問題らしい。確かに、この人物について出題するのは、アタック25本編なら第3回ぐらいでやっていそうです。朝日放送の新社屋があるのは、この人物の生誕地だそうです。

 ところで、紳助が「不正解」と言ってもブザーが鳴りません。アタック25の不正解ブザーは司会者が鳴らすということを知らなかったのでした。そのブザーのボタンが、黒い高校生クイズボタンであることが初めてテレビに映りました。第2回高校生クイズであのボタンが使われて以来、あらゆるクイズ番組がまねしてきましたが、すべて赤いボタンで、黒が使われたのを初めて見ました。

|

« NHKの細かすぎる話 | トップページ | 27回北東北大会(その3) »

コメント

showbyショーバイにおける早押しボタンが黒まんじゅうでした。
ミリオンスロットが反対サイドに置いてある赤なので、早押しの時に間違って赤ボタンを押していたパネリストが数人いたような記憶があります。

投稿: #not_include | 2008年5月15日 (木) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/41130195

この記事へのトラックバック一覧です: 紳助アタック25:

« NHKの細かすぎる話 | トップページ | 27回北東北大会(その3) »