« 関空でタビキング(その7) | トップページ | 27回北九州大会(その9) »

2008年4月 8日 (火)

関空でタビキング(その8)

 「脳天イライラクイズ」は、昨年秋に土曜の昼にやっていた「クイズ!イライラ脳天スタジアム」をレギュラー化したものらしい。その割には、2チーム対抗で監督役がいるという以外は似ても似つかぬものでした。「ゴリラのウンチ」というコーナーがあります。監督が相手チームの解答者に次々と質問します。一方のチームはすべての質問に「ゴリラ」、もう一方は「ウンチ」と答えます。例えば「おにぎりの好きな具は?」「ウンチ」「異性のまずどこを見る?」「ウンチ」というような感じです。そして解答者が笑ってしまったところでゲームオーバーなのですが、これはクイズかということ以前に、ウンチでは笑えてもゴリラでは笑わないだろう。これで最後まで笑わずに「パーフェクト!」と画面に出す意味がわかりません。これでは番組の寿命はおぼつかないでしょう。

 それではタビキングです。ここまでの得点をおさらいすると、1位、2位、3位、4位、7位が1ポイント、9位が3ポイントです。いつの間にか観客がいっぱいになっています。2位と7位が1問ずつ取ります。
 「シカゴにある大リーグチームはホワイトソックスとどこ?」で、先ほど問題も出ていないのにボタンを押した8位がついに解答権を取ります。しかし不正解。次の問題は1位が「御神渡り」と答えると、問題は「御神渡りがある湖はどこ?」で不正解です。
 4位が正解した後、7位が「ザルツブルク」と答えて不正解です。この後、1位と7位ばかり答えるのが続きますが、不正解もあります。そして1位が「ザルツブルク」と答えて、ついにリーチになります。ザルツブルクが正解の問題もあったのか。
 この後、いよいよ最終決戦進出者が決まります。

|

« 関空でタビキング(その7) | トップページ | 27回北九州大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/40810175

この記事へのトラックバック一覧です: 関空でタビキング(その8):

« 関空でタビキング(その7) | トップページ | 27回北九州大会(その9) »