« 関空でタビキング(その9) | トップページ | 問題と参加者が足りない »

2008年4月11日 (金)

関空でタビキング(その10)

 今夜の「秘密のケンミンSHOW」はスペシャルでしたが、スペシャルのときにだけやる「ケンミンのつぶやき」というコーナーがあります。上京してきた若者が東京で驚くことを取り上げるのですが、今回は、おしゃれなレストランに行って、レモンの入ったフィンガーボールの水を飲むというのをやっていました。これってまさに18回のクイズ結婚式。この人は一発退場ですな。

 それではタビキングです。最終決戦は、クイズグランプリのような5つのジャンルそれぞれ123というパネルがあります。「旅と文学」「グルメ」「航空&鉄道」「地理」「平城遷都」です。平城遷都というジャンルがあるのが、やはりこの関係がスポンサーになっていることを表しています。2人で交互に問題パネルを選んで早押しをやります。5ポイント先取で優勝です。
 2人が登場するとき、ドライアイスが吹き上がります。そして解答者は旅行の荷物を持ったまま舞台に上がります。これはまさにウルトラクイズの演出です。

 1問目、1位が航空&鉄道を選んで、「エコノミークラス症候群」で正解します。次は7位が地理を選んで「アドリア海」で正解。続いて1位が航空&鉄道でヒースロー空港の3文字コードを答えます。7位はやっぱり地理を選んで「キャンベラ」で、1位に取られます。そして1位は航空&鉄道です。全然おもしろくない行動です。これがタレントではない素人の解答者です。問題は西蔵鉄道の終点を答えるもので、両方ともできません。関口知宏の番組を見ていれば一発なのに。

 もう航空&鉄道はありません。これからどうするか。

|

« 関空でタビキング(その9) | トップページ | 問題と参加者が足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/40844848

この記事へのトラックバック一覧です: 関空でタビキング(その10):

« 関空でタビキング(その9) | トップページ | 問題と参加者が足りない »