« そんな新企画が | トップページ | 27回北海道大会(その5) »

2008年4月21日 (月)

27回北海道大会(その4)

 信じられないかもしれませんが、私は実はテレビを見るのが嫌いです。できれば一日中テレビを消していたいと思っています。しかし、ここで伝えなければと思うと必死で見てしまいます。普通はテレビは娯楽ですが、私にとってバラエティ番組を見るのは、いやな授業を聞くようなものです。さて、本日は「時空間☆世代バトル 昭和×平成 ~SHOWはHey!Say!~」を見てみました。「クイズ!年の差なんて」と全く同じかと思っていたら、そうでもなくて、むしろ問題構成はこちらの方がよくできています。特に、歌詞の穴埋めの問題が、実際の曲そのものを聞いて答えるというのが画期的です。知らないと聞き取れなくて、それでも推理する余地があります。また、ずっとクイズをやっているわけではありませんでした。ところで、正解と不正解の音は、やはり高校生クイズと同じでした。

 それでは北海道大会です。○×クイズを通過できるのは12チームですが、5問終わって11チーム決定しています。今残っているのは4チーム。6問目で1チームだけ間違えました。しかしまだ、全員合格にしません。7問目、また1チーム間違えます。ここでようやくオリエンタルラジオが出てきて、オリラジからのプレゼントとして残っている2チームを両方勝ち抜けにすることを提案します。ちなみに準決勝の解答席は14チーム分あったので、敗者復活を考えると13チームしか残せなかったわけです。

 準決勝の準備でスタッフが、8月12日からの全国大会に来られるかとしつこく聞いています。なぜか北海道でこれがよくあります。すると、本当に辞退するチームが出ました。これによって、敗者復活戦は2チーム勝ち残れることになりました。
 オリラジがいるので、中田に関する問題です。1問目は血液型。2問目からは、箱の中から問題を書いた封筒を引きます。「今日の帰りに食べるラーメン」など、北海道ネタも出ます。5問目で3チームになって、6問目で1チームずつに分かれます。これで1チーム目が決定しました。
 続いて残り2チームからもう1チーム選びますが、7問目は両方正解、8問目は分かれたのに両方不正解。9問目も分かれたのに両方不正解。そして10問目でようやく決定しました。

 準決勝は他の地区といろいろ違ったところがあります。それは次回。

|

« そんな新企画が | トップページ | 27回北海道大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/40945012

この記事へのトラックバック一覧です: 27回北海道大会(その4):

» 2008年春の新ドラマ「ごくせん」�鯥斃彩蕁�Hey! Say! JUMP [「ごくせん」2008春の新ドラマYouTubeまとめサイト]
ドラマの登場人物のYouTube動画をまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 17時30分

« そんな新企画が | トップページ | 27回北海道大会(その5) »