« 問題と参加者が足りない | トップページ | 関空でタビキング(その11) »

2008年4月13日 (日)

ルーとヌル

 本日、当ブログの検索フレーズに「ルー列島 温泉 巨乳」というたぐいのが大量にあります。「高校生クイズ」をはるかに上回っています。自分でも検索してみたら、なるほど、当ブログが2位になります。そんな話は書いていないのですが、ルー列島のことを何回も書いているのと、昨年の「熱中時間」のイベントでやくみつるが半井小絵の巨乳の話をしたら本人が観客席にいたというのが合わせて引っかかっているのです。ちなみにこの熱中時間のイベントは、昨年末から今年初めにかけて福岡でも行われて、そこでもやくみつるが講演していました。
 せっかく検索してくれる人のために書いておきますと、ルー列島の1問目で温泉に入っていた巨乳の人は手島優といいます。参考までに書いておきますと、フジテレビで2回放送された科学番組「偉大なる未来図鑑」で、制作側の趣味か視聴率狙いで無理やり出てそうな感じの巨乳の人は杉原杏璃です。

 「ザ・イロモネア」がレギュラー化されましたが、今夜のトップバッターの次長課長が「イロモネア出身です」と言うと、ウッチャンナンチャンが「ヌルヌル出身じゃないよね」。そして画面に大きい文字で「オールスター感謝祭のヌルヌル相撲で肋骨2本骨折」と出ます。自局の不祥事をそんな堂々とネタにするか。さらにショートコントで最初に「ショートコント ヌルヌル相撲」と言うと、何もやっていないのにそれだけでクリアしてしまいました。
 ところで、雑誌などによると、今回のテレビ改編の特徴は、クイズの飽和状態とともに、短時間ものだそうです。イロモネアは1分以内に笑わさないといけないわけですし、「レッドカーペット」も同様です。すでに始まった「深イイ話」も1分ですし、NHKの「さんぷんまる」までレギュラーになるとは思いませんでした。そんなに早く結論を出さないと視聴者がついてこないということですね。ところで、さんぷんまるで荒川良々が声をやっている忍者が全身黄色なのは、カロリーメイトのCMを意識しているのだろうか。

|

« 問題と参加者が足りない | トップページ | 関空でタビキング(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/40862173

この記事へのトラックバック一覧です: ルーとヌル:

» 荒川良々とは [荒川良々fan ]
荒川良々とは、佐賀県出身の俳優。松尾スズキ主宰の劇団大人計画所属。昔は荒川上手の芸… [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 21時22分

« 問題と参加者が足りない | トップページ | 関空でタビキング(その11) »