« おバカなクイズバブル | トップページ | 関空でタビキング(その4) »

2008年3月26日 (水)

関空でタビキング(その3)

 ココログのメンテナンスのため、まる1日書き込めませんでした。「Qさま!」と「ネプリーグ」の裏になっていた「東京フレンドパーク2」では、山村紅葉に対して「JRの寝台特急の名前」という問題が出ていましたが、「あかつき」「なは」と答えたのをちゃんとブーにしていました。

 それではタビキングです。○×クイズの2問目、レッドソックスの本拠地の球場の名前です。大半が正解。3問目は「イタリア語で食堂のことをタベルナといいます」。この手のクイズでは超定番問題です。先日の雑学クイズ番組によると、スペイン語やギリシャ語でもタベルナというそうです。しかし不正解の方が多い。参加者は本当にクイズマニアでない人が大半ということですね。
 ここで正解だった9人は勝ち抜けになりました。2次予選通過証というものを渡しています。A4判の紙にペーパークイズの場所などが書かれたものです。

 そしてここからは敗者復活戦として、これまでに間違えた全員が参加できます。4問目、「大阪はサンフランシスコより高緯度です」。読み上げる問題で「こういど」なんていう言葉は使わないでしょう。問題はまともだが文章表現がおかしい。不正解は4人だけでした。
 すると突然、次がラストクエスチョンと言います。つまり全員正解なら全員通過ということで、最初から勝ち抜け人数が決まっていなかったのか? 「人口密度が最も高い国はバチカンです」。問題はいいのだが、こういう出され方をすると×と思います。○に行ったのは1人だけでした。
 そして正解者に対して「今お集まりの皆さんすべて2次予選に進んでいただきましょう」。24人通過で、結局、○×クイズで落ちたのは5人だけです。参加が29人で5人しか落とさないのにそれなりにクイズをやった感を出す演出は、それはそれで大したものです。10時半過ぎに終わりました。

 この後、ペーパークイズはどうなる。

|

« おバカなクイズバブル | トップページ | 関空でタビキング(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/40638917

この記事へのトラックバック一覧です: 関空でタビキング(その3):

« おバカなクイズバブル | トップページ | 関空でタビキング(その4) »