« 27回中国大会(その8) | トップページ | 27回中国大会(その10) »

2008年3月 7日 (金)

27回中国大会(その9)

 今回こそはこういう話を書きたくなかったのですが、今夜の「秘密のケンミンSHOW」も、世界ケンミン遺産が「ナニコレ珍百景」と同じでした。ナニコレでは2週前の放送なので、それを見て応募したのではないと思いますが、地元では有名なのでこぞって両方の番組に応募するのでしょう。ケンミンSHOWで、「あの鳥居にはきっとタオルをかけたことがある」と言っていましたが、鳥居に実際に載せていたものはナニコレで放送されていました。

 それでは中国大会です。島根の2回戦は、3問やってなんと7チームが全問正解。これで同点決勝になります。「あさっての4日後のおとといは何曜日?」出た。無限に問題を作れる恒例パターン。これで3チーム正解です。通過できるのは残り4チームのうち1チーム。「ぜったいぜつめい」の「たい」で、期待通り2チームが「対」と書いてくれて、2チームに絞られました。この問題を最初の3問で出せばいいのに。
 ところが、つぎの「ぬかにくぎ」の「くぎ」で、2人とも「針」と書きます。なんでこれで単刀直入や絶体絶命はわかるんだ。次の問題、「おおえけんざぶろう」の「けん」で、1チームが「建」と書いて、これで決定しました。

 さあ、いよいよ移動です。決勝会場の名前はすでに調べがついています。広島観音マリーナというところです。やはり船で行く場所か。調べたところ、宇品の港からは、いろいろなマリーナへ行く船が1日1本ずつぐらい出ているようです。それが早い時刻にしかなければ、途中のクイズを見るのを断念して乗るというのも考えなければならなかったかもしれません。果たして我々はどうやってたどり着くことができるのか。それは次回。

|

« 27回中国大会(その8) | トップページ | 27回中国大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/40403492

この記事へのトラックバック一覧です: 27回中国大会(その9):

« 27回中国大会(その8) | トップページ | 27回中国大会(その10) »