« 27回中部大会(その9) | トップページ | 第2回エコ甲全国大会(その2) »

2008年2月 1日 (金)

第2回エコ甲全国大会(その1)

 福留が今年ウルトラクイズがあるかのような発言をした「いつみても波瀾万丈」のスペシャルが、BS日テレで今夜放送されます。それだからか、昨日あたり、ウルトラクイズ復活に関する検索がいくつか引っかかっていました。あと、「珍百景」と「ケンミン遺産」を組み合わせた検索がいくつかあるのですが、やはり私の他にも、同じネタをやっていると思っている人がいるのでしょう。

 それでは、月も変わって、エコノミクス甲子園全国大会にいきましょうか。エコノミクス甲子園の公式サイトには大会の模様を順次報告していくと書いてありますが、絶対に載らないと思うので、当ブログが公式記録になってしまいます。
 1月12日、飛行機で沖縄に向かいます。降りた瞬間、暑い。1月の沖縄に来たのは9年ぶりで、もうすっかり忘れていましたが、本土の夏のようです。名護への高速バスに乗ると、車内の掲示で、「燃料費高騰のため、冬季の車内『冷房』を停止します」と書いてあります。冷房ですよ。

 翌朝、クイズ会場の万国津梁館に向かいます。何時からやるかわからないので、早めに行こうと思いました。8時半に名護市中心部の宿を出て、バスで20分ぐらいで着きます。「本日は会議開催のため見学はできません」という表示が至るところに出ています。エコノミクス甲子園は会議なのか。
 会場はまだ準備が始まったばかりで、当分クイズをやる気配はありません。さすがに来るのが早すぎたか。
 と思っていたら、しばらくして、どこからともなく主要スタッフが現れました。そして、もう第1ラウンドは終わっていると言います。なに! どういうことだ。それは次回。

|

« 27回中部大会(その9) | トップページ | 第2回エコ甲全国大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17916178

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回エコ甲全国大会(その1):

« 27回中部大会(その9) | トップページ | 第2回エコ甲全国大会(その2) »