« 第2回エコ甲全国大会(その3) | トップページ | 第2回エコ甲全国大会(その5) »

2008年2月 4日 (月)

第2回エコ甲全国大会(その4)

 昨夜、「やりすぎコージー」を見ていました。「かんだらお仕置き!やりすぎPR」というコーナーがあります。グラビアアイドルみたいな人が商品宣伝をするやつですね。そこで、「牛乳甲子園」の告知をしていました。今日から始まります。携帯電話で参加するのですが必ず3人1組で登録しなければなりません。でも年齢制限はないようです。それにしても、このイベントのために愛川ゆず季の関西ローカルCMをやったり、番組内でアイドルに告知させたりと、社団法人中央酪農会議にはそれだけ資金力があるのか。金融知力普及協会もこういうことをやらなければいけないのではないか。

 それではエコノミクス甲子園全国大会です。第1ラウンドの順位が発表されます。といっても当事者はわかっています。最下位は福島高校です。各チームに意気込みを聞いていて、福島は「東北ブロックは10ブロックで一番面積が広い」と叫びます。この福島の人、ちょっと特殊なキャラクターです。クイズをバリバリやっていて実際に東北大会でもものすごく遠くから参加して優勝しているわけですが、どこかおかしいのではないかという感じです。「ガリベン!」の矢部太郎みたいと言えばいいでしょうか。

 昨夜の、NTTドコモの大星会長の講演の最中、ゲームをしていたと言われている人がいます。開成のチーム名が「チームKY’s」で灘のチーム名が「チームKY」です。予選のときからつけているチーム名ですが、こんなのがかぶるか。開成は「完全優勝の略」と言い、灘は「ニューヨークに行ってチームNYになる」と言っています。

 第1ラウンド終了時のポイントが出ます。1位は昨年優勝の熊本のラ・サールで、50万AP。以下、5万APずつ減っていきます。ポイントの単位をAPというのが何の略なのか想像がつかないのですが、深く考えません。
 次のラウンドはどんなクイズなのか。それは次回。

|

« 第2回エコ甲全国大会(その3) | トップページ | 第2回エコ甲全国大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17949573

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回エコ甲全国大会(その4):

« 第2回エコ甲全国大会(その3) | トップページ | 第2回エコ甲全国大会(その5) »