« 27回中部大会(その10) | トップページ | 第2回エコ甲全国大会(その11) »

2008年2月12日 (火)

第2回エコ甲全国大会(その10)

 一昨年にテレビ東京で放送された「リヤカーマンでっかい地球!大冒険」を見逃しました。ところが、「2」が放送されるのを前に2月11日にテレビ大阪で再放送されることがわかりました。テレビ東京では再放送されないようです。ラッキー。ちょうどこの日は実家に帰っています。しかしテレビ大阪の電波が入るエリアまで行かなければなりません。
 これで思い出しましたが、当ブログの読者で、正確な逮捕容疑を理解している人は1人もいないはずですが、そもそもテレビ大阪のある番組を見られる場所がなかったので入ったのでした。そしてそこで発見した「新聞制作講座」という掲示物を読むために再び入りました。普通、部外者の泥棒などと違って、大半の人が知り合いなので、告訴するということはあり得ません。不当解雇に気づいた週刊誌の取材に答えたのでいやがらせで告訴したと「警察が」言っていました。
 ところで、この番組の関連本は毎日新聞社が出しています(「2」の関連本は日本経済新聞社)。

 それではエコノミクス甲子園全国大会です。第4ラウンドの後、休憩になります。朝は異常に風が強かったですが、晴れてものすごくいい景色になります。そして発表された最終ラウンドは「オークションクイズ」。問題に答えるためには入札してその問題を買わなければならないのです。22回高校生クイズの近畿大会でこのルールがありました。これはかなり初期から企画として上がっていたそうなのですが、問題をセリで買うというのは高校生にふさわしくないということでずっと実現しなかったのです。当時は治外法権だった近畿大会で、市場でのクイズということで実施に踏み切りました。
 ここまで10チームが競ってきた「AP」というのは「オークションポイント」の略で、最後のラウンドで問題を買うために使うものだったのです。ここまでのAPの合計は、1位が金沢大附属、2位が開成、3位が熊本のラ・サールです。そして最下位の福島が81万APなのですが、これを100万にするために、全チームに19万APが上乗せされます。
 この後、入札が予想外の盛り上がりを見せます。

|

« 27回中部大会(その10) | トップページ | 第2回エコ甲全国大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/40093697

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回エコ甲全国大会(その10):

« 27回中部大会(その10) | トップページ | 第2回エコ甲全国大会(その11) »