« 四角を敷き詰める話 | トップページ | エコノミクス甲子園九州大会(その2) »

2008年1月21日 (月)

エコノミクス甲子園九州大会(その1)

 先日、「ぶらり途中下車の旅」に先に出ていた人が「熱中時間」に出たと書きましたが、今夜、BS JAPANで再放送された2年前の「TVチャンピオン」にその人が出ていました。熱中時間のBS2での放送と続けて出演することになります。ところで、テレビ東京での本放送では、この回の次が「クイズ作家王選手権」だったのですが(というか、私はその回が再放送されないかと思って2年間、BS JAPANの番組表をチェックし続けてきた)、次回予告の映像に、来週はこれとは違う回を放送するという文字がかぶさっていました。

 それではエコノミクス甲子園です。12月15日に関東大会を見ましたが、翌16日には北陸・中国・四国・九州の4カ所で予選があります。どこに行くかということですが、北陸と中国と四国には主催者側の主要スタッフが行きます。また、熊本大会のときに西日本シティ銀行の人から来てくれと言われました。ということで、九州大会に行くことにします。熊本大会に行って沖縄大会に行って九州大会に行って全国大会は沖縄って、なんでこんなに西へばかり行くことになるんだ。2007年は北海道に行く機会がまったくなかったのに。

 会場の西日本シティ銀行があるビルは福岡市営地下鉄の中洲川端駅の真上にあります。しかし入り口がわかりにくくて迷います。外には同じ状況と思われる参加者が結構います。「制服指定ないよね」などと会話しています。
 13階の受付に行くと、スタッフがカメラを回しています。今日は電気関係の操作は足りているそうで、私の仕事はなさそうです。それでもスタッフジャンパーをもらって控室に入ります。今回の筆記クイズの採点用シートを初めて見ました。前回はスキャナーを使っていましたが。今回はウルトラクイズの機内ペーパークイズのように、正解のところに穴を開けた厚紙を使っています。
 この地区も主催者がいろいろと独自なことをやっています。それについては次回。

|

« 四角を敷き詰める話 | トップページ | エコノミクス甲子園九州大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/17770201

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミクス甲子園九州大会(その1):

« 四角を敷き詰める話 | トップページ | エコノミクス甲子園九州大会(その2) »